穂積絵莉/ジャン・シューアイは準決勝を棄権 [パレルモ女子オープン]

写真はイメージ(Getty Images)


 WTAツアー公式戦の「32°パレルモ女子オープン」(WTA250/イタリア・パレルモ/7月19~25日/賞金総額23万5238ドル/クレーコート)の女子ダブルスで準決勝に進出していた第1シードの穂積絵莉(日本住宅ローン)/ジャン・シューアイ(中国)はジャンの体調不良を理由に棄権し、ナテラ・ザラミズ/カミラ・ラヒモワ(ともにロシア)が不戦勝で決勝に進出することが決まった。

 これに先立ち第4シードで出場していたシングルスの準決勝をプレーしたジャンは、第1シードのダニエル・コリンズ(アメリカ)に4-6 3-6で敗れていた。

 ジャンと穂積のコンビは、今大会が3度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ2018年9月の広島(WTAインターナショナル/ハードコート)では、4試合で1セットも落とさずタイトルを獲得していた。

 今大会での穂積/ジャンは1回戦でエミナ・ベクタス(アメリカ)/タラ・ムーア(イギリス)を6-3 7-5で、準々決勝ではワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したマチルデ・パオレッティ/リサ・ピガート(ともにイタリア)を4-6 6-2 [10-7]で破って4強入りを決めていた。

 ザラミズ/ラヒモワは最終ラウンドで、第4シードのエリン・ラウトリフ(ニュージーランド)/キンバリー・ジマーマン(ベルギー)と対戦する。ラウトリフ/ジマーマンは準決勝で、アレクサンドラ・パノワ(ロシア)/ユリア・ワハチク(ドイツ)を6-2 6-4で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related