「最後の4セットはキャリア最高のプレーができた」ミュンヘン空港でファンに出迎えられたズベレフ [東京2020]

ミュンヘン空港で多くのファンに出迎えられたアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)の男子シングルスで金メダルを獲得したアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がドイツに帰国した。

  羽田空港からフランクフルトへ飛び、そこでは75人のファンが待ち構えていた。そのあと直ぐに兄のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)が待つミュンヘンへ飛び、そこではさらに熱狂的なファンに出迎えられ、金メダルを披露した。

「ドイツ中でフィーバーが起きたことを聞いていた。それが大きな力になった。今後はしばらく静かに過ごしたい。そして何が起きたのかを理解したい。数日後にはもっと実感できるんじゃないかと思う。ノバク(ジョコビッチ/セルビア)との準決勝で(第2セット)2-3から優勝する間までプレーした4セットはキャリアの中で最高のプレーができたと思う」

  少し休憩してからUSオープンに出場することを明言した。

「2週間ほど休みたい。出場予定だったツアーも何大会か欠場するつもりだ。今は自分にとって特別な瞬間だからね。USオープンには確実に出場するよ」


ファンの持参したドイツ国旗にサインをするズベレフ

 ミュンヘンのあとは実家のあるハンブルクへ戻り、そこでしばらく休んでから現在の自宅があるモナコのモンテカルロへ移動する予定だという。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related