トップ2シードのシフィオンテクとクビトバが8強入りを決める [オストラバ・オープン]

写真はイガ・シフィオンテク(ポーランド)(Getty Images)


 WTAツアー公式戦の「J&T銀行オストラバ・オープン」(WTA500/チェコ・オストラバ/9月20~26日/賞金総額56万5530ドル/室内ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)がユリア・プティンセバ(カザフスタン)を6-4 6-4で退けベスト8に進出した。

 上位4シードは1回戦がBYEで免除されており、シフィオンテクはこの試合が初戦だった。

 2020年フレンチ・オープン優勝者のシフィオンテクは自分のサービスゲームを一度だけ落としたが、手にした7つのブレークポイントのうち3本をものにした。シフィオンテクは準々決勝で、第7シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)と予選から勝ち上がってきたマグダ・リネッテ(ポーランド)の勝者と対戦する。

 この日は2回戦がほかにも2試合行われ、第2シードのペトラ・クビトバ(チェコ)が予選勝者のアナスタシア・ポタポワ(ロシア)を6-1 6-7(4) 6-3で、アネット・コンタベイト(エストニア)は第9シードのパウラ・バドーサ(スペイン)を6-3 6-4で倒して8強入りを決めた。

 そのほかの試合ではワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したエレナ・オスタペンコ(ラトビア)がラッキールーザーで本戦入りしたアンナ・ブリンコワ(ロシア)を6-4 6-0で、アリソン・リスク(アメリカ)は予選勝者のフィオナ・フェロ(フランス)を6-4 1-6 6-4で下してそれぞれ2回戦に駒を進めた。

 この大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックで中国の大会が中止になったあと、WTAツアーのカレンダーに昨年追加された。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related