前週同一カードの1回戦は相手の途中棄権でふたたび穂積絵莉/ジャン・シューアイが勝利 [クールマイユール女子オープン]

写真はイメージ(Getty Images)


 WTAツアー公式戦の「クールマイユール女子オープン」(イタリア・クールマイユール/10月25~31日/賞金総額23万5238ドル/室内ハードコート)の女子ダブルス1回戦でアンキタ・レイナ(インド)/ロザリー・ファン デル フック(オランダ)が第2セット途中で棄権したため、穂積絵莉(日本住宅ローン)/ジャン・シューアイ(中国)の勝利が決まった。

 第1セットを穂積/ジャンが6-3で先取したあと、第2セット1-1で迎えた自分のサービスゲームで右足首を痛めたファン デル フックが試合続行を断念した。試合時間は45分。

 両ペアは前週のテネリフェ(WTA250/ハードコート)でも1回戦で顔を合わせ、穂積/ジャンが6-4 6-3で勝っていた。

 ジャンと穂積のコンビは、今大会が6度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ2018年9月の広島(WTAインターナショナル/ハードコート)では、4試合で1セットも落とさずタイトルを獲得していた。

 第3シードの穂積/ジャンは準々決勝で、オクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)/加藤未唯(ザイマックス)とワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジュリア・ガット モンティコーネ/リサ・ピガート(ともにイタリア)の勝者と対戦する。

 予選には村松千裕(グラムスリー)が出場していたが、初戦で第5シードのガット モンティコーネに0-6 2-6で敗れていた。

 クールマイユール女子オープンはWTA250に格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

予選結果|日本人選手

予選1回戦

●18村松千裕(日本/グラムスリー)0-6 2-6 ○17ジュリア・ガット モンティコーネ(イタリア)[5]

上位出場選手シード順位|シングルス

オンス・ジャバー(チュニジア)[1]※欠場
カミラ・ジョルジ(イタリア)[2]※欠場
リュドミラ・サムソノワ(ロシア)[3]
ペトラ・マルティッチ(クロアチア)[4]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related