荒川夏帆/リュー理沙マリーがダブルスでタイトルを獲得、森田あゆみはシングルス準優勝 [W15モナスティル]

写真は女子ダブルスで優勝を飾った荒川夏帆(吉田記念テニス研修センター/右)とリュー理沙マリー(フリー)(写真提供◎荒川夏帆:吉田記念テニス研修センター所属)


 国際テニス連盟(ITF)の女子ツアー下部大会「マジック・ホテル・ツアーズ」(ITFワールドテニスツアーW15/チュニジア・モナスティル/11月22~28日/賞金総額1万5000ドル/ハードコート)の女子ダブルス決勝で、第4シードの荒川夏帆(吉田記念テニス研修センター)/リュー理沙マリー(フリー)がノーシードから勝ち上がってきたキム・チェリー(韓国)/マン イン マギー・ウン(香港)を2-6 6-1 [10-6]で倒して優勝を飾った。試合時間は1時間11分。

 荒川とリューのコンビは、今回が3週連続3度目のダブルス出場。同地で開催された前週の大会(W15/ハードコート)で4強入りするなど、3勝2敗の戦績で今大会を迎えていた。

 今大会での荒川夏帆/リューは1回戦と準々決勝を対戦相手の棄権による不戦勝で勝ち上がり、準決勝ではニーマ・ズォマ/ヤオ・シンシン(ともに中国)を7-5 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスでは森田あゆみ(安藤証券)がノーシードから4試合を勝ち上がり、決勝でソネイ・カータル(イギリス)に1-6 2-6で敗れはしたが準優勝を飾った。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

日本人選手の試合結果

女子シングルス決勝

●19森田あゆみ(日本/安藤証券)1-6 2-6 ○4ソネイ・カータル(イギリス)

女子シングルス準決勝

○19森田あゆみ(日本/安藤証券)6-2 6-2 ●27デミ・トラン(オランダ)

女子シングルス準々決勝

○19森田あゆみ(日本/安藤証券)0-6 6-2 7-6(5) ●24ホー チン・ウー(香港)[3]

女子シングルス2回戦

●17西郷里奈(日本/TEAM 自由が丘)[8] 7-6(0) 1-6 2-6 ○19森田あゆみ(日本/安藤証券)

女子シングルス1回戦

○17西郷里奈(日本/TEAM 自由が丘)[8] 6-1 6-0 ●18テレザ・デイノスコバ(チェコ)[WC]

○19森田あゆみ(日本/安藤証券)6-1 6-2 ●20パウラ・オルテガ レドンド(スペイン)[WC]

●10西郷幸奈(日本/フリー)1-6 2-6 ○9エリッサ・バンランゲンドンク(ベルギー)[4]

●14荒川夏帆(日本/吉田記念テニス研修センター)[Q] 1-6 0-6 ○13ニーナ・ラドバノビッチ(フランス)

女子ダブルス決勝


○5荒川夏帆/リュー理沙マリー(吉田記念テニス研修センター/フリー)[4] 2-6 6-1 [10-6] ●11キム・チェリー/マン イン マギー・ウン(韓国/香港)

女子ダブルス準決勝

○5荒川夏帆/リュー理沙マリー(吉田記念テニス研修センター/フリー)[4] 7-5 6-3 ●2ニーマ・ズォマ/ヤオ・シンシン(中国)

女子ダブルス準々決勝

○5荒川夏帆/リュー理沙マリー(吉田記念テニス研修センター/フリー)[4] 不戦勝 ●8ダニエル・デイリー/ソネイ・カータル(イギリス)

女子ダブルス1回戦

●1西郷里奈/西郷幸奈(TEAM 自由が丘/フリー)[1] 7-5 6-7(5) [9-11] ○2ニーマ・ズォマ/ヤオ・シンシン(中国)

○5荒川夏帆/リュー理沙マリー(吉田記念テニス研修センター/フリー)[4] 不戦勝 ●6ニフェミ・アキンビー/ビアンカ・ベフロバ(カナダ/スロバキア)

●13チャード・ベリリ/新見小晴(チュニジア/柳生園テニスクラブ)[WC] 4-6 3-6 ○14テレザ・デイノスコバ/レティシア・プルチャルトバ(チェコ)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真提供◎荒川夏帆:吉田記念テニス研修センター所属

Related