2021年1月のニュージランドでのツアー公式戦がキャンセルに

ニュージランドのオークランドで来年1月に開催される予定だった男女共催のツアー公式戦「ASBクラシック」(ATP250、WTAインターナショナル/ハードコート)が、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによる不確かさのためにキャンセルされた。

 大会ディレクターのカール・バッジ氏は火曜日にこの決断を発表し、大会の準備は順調に進んでいたが安全性の問題が優先されたと説明した。

 今年の大会では女子がセレナ・ウイリアム(アメリカ)、男子はユーゴ・アンベール(フランス)が優勝を飾っていた。

「言うまでもなく我々はこのニュースをお知らせしなければならないことを非常に悲しく思っていますが、安全性が最優先事項でなければなりません」とバッジ氏はコメントした。

「この夏に開催を可能にするためにたゆまぬ努力をしてくれていた大会チーム、ボランティア、スポンサーの皆様に心から感謝したいと思います」

 大会の日程はまだ正式に確定していなかったが、オークランドの大会は毎年シーズンが始まってから最初の2週間に開催されていた。

 1月に海外からニュージランドに入国する選手は誰であれ、到着してから2週間の検疫期間を課されるはずだった。ニュージランドでは現在、例外措置を許される稀な状況を除いてニュージランド国民と永住権保持者以外のすべての人々に対して国境を閉じている。

 ASBクラシックは通常オーストラリアン・オープンに先立つ週に行われ、メルボルンで開催されるシーズン最初のグランドスラム大会に備えてハードコートで実戦を積むための機会となっていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は昨年のオークランドの大会の女子シングルス表彰式の様子(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録