フェドカップ・ファイナルズは来年4月まで延期に

女子テニスの国別対抗戦「フェドカップ by BNPパリバ ファイナルズ」は新型コロナウイルス(COVID-19)に関する“課題”が解決できていないため、2021年に日程を組み替えて行われることになった。

 国際テニス連盟(ITF)はこの伝統ある女子の国別対抗戦を、来年4月13~18日にハンガリー・ブダペストの室内クレーコートで開催すると発表した。なおプレーオフは組み合わせに変更なく、2021年2月5日と6日に変更された。

 本来であれば今年の大会は4月に予定されていたが、パンデミックにより延期されていた。主催者は状況が改善することを見込み、今年中の開催を目指していた。

 ブダペスト・スポーツアリーナで「室内の大規模集会」を開催することについて「物流面と規則面で重大な課題」があるとITFは説明し、「関係者全員の健康と安全を保障することは不可能である」と結論づけた。

 フェドカップ今年から新しいフォーマットが採用されており、12ヵ国が一堂に会してファイナルズを行うのは初の試みとなる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は昨年のフェドカップ決勝後の表彰式の様子(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録