「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(佐川印刷)がワイルドカード(主催者推薦枠)のフランチェスカ・ディ ロレンツォ/アリー・キック(ともにアメリカ)を7-6(5) 7-6(4)で倒して初戦を突破した。試合時間は1時間54分。

 今シーズンの穂積/加藤は、1月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で日本人ペアとして史上初の4強入り。5月には岐阜(ITF8万ドル/ハードコート)とローマ(ITF2.5万ドル/クレーコート)でタイトルを獲得していた。

 ふたりはシングルスの予選に出場していたが、穂積が1回戦で第8シードのジュ・リン(中国)に4-6 4-6で、加藤は予選決勝でレベッカ・ピーターソン(スウェーデン)に7-6(4) 3-6 4-6で敗れていた。

 穂積/加藤は2回戦で、第12シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)とキルステン・フリプケンス(ベルギー)/アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

画像: ※写真は「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク)の女子ダブルスで初戦を突破した穂積絵莉(右)/加藤未唯

※写真は「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク)の女子ダブルスで初戦を突破した穂積絵莉(右)/加藤未唯

This article is a sponsored article by
''.