「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)の大会13日目はジュニアの部の男子ダブルス決勝が行われ、第1シードのスー・ユーシャオ(台湾)/ウー・イービン(中国)がノーシードから勝ち上がってきた堀江亨(関スポーツ塾・T)/清水悠太(パブリックテニスイングランド)を6-4 5-7 [11-9]で下して優勝を果たした。試合時間は1時間16分。

 今大会でのスー/ウーは、1回戦でパク・ウィスン(韓国)/田島尚輝(TEAM YONEZAWA)を6-3 7-5で、2回戦でライアン・ゲッツ/Axel NEFVE(ともにアメリカ)を6-2 7-5で、準々決勝で第6シードのアクセル・ゲラー(アルゼンチン)/Alexandre ROTSAERT(アメリカ)を4-6 6-3 [10-6]で、準決勝では第5シードのセバスチャン・バエズ(アルゼンチン)/チアゴ・セイボス ワイルド(ブラジル)を6-4 6-1で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスに第2シードで出場しているウーは、この日行われた準決勝でエミール・ルースヴォリー(フィンランド)を4-6 6-3 7-6(4)で倒し、第1シードのゲラーとの決勝に勝ち進んでいる。

 堀江/清水は日本人ペアとして初めて同種目でグランドスラム・ジュニアの決勝に進出したが、タイトル獲得はならなかった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

        ◇   ◇   ◇

【ジュニア男子シングルス準決勝】

○1アクセル・ゲラー(アルゼンチン)[1] 6-1 7-6(7) ●19ティモフェイ・スカトフ(ロシア)

○64ウー・イービン(中国)[2] 4-6 6-3 7-6(4) ●43エミール・ルースヴォリー(フィンランド)

------------

【ジュニア男子ダブルス決勝】

○1スー・ユーシャオ/ウー・イービン(台湾/中国)6-4 5-7 [11-9] ●30堀江亨/清水悠太(関スポーツ塾・T/パブリックテニスイングランド)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

画像: ※写真は「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク)のジュニアの部の男子ダブルスで優勝を果たしたウー・イービン、スー・ユーシャオ、準優勝の堀江亨、清水悠太(左から)

※写真は「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク)のジュニアの部の男子ダブルスで優勝を果たしたウー・イービン、スー・ユーシャオ、準優勝の堀江亨、清水悠太(左から)

This article is a sponsored article by
''.