「三菱 全日本テニス選手権 92nd」(予選10月19~21日、本戦10月21~29日/賞金総額2846万円/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の本戦4日目、女子はシングルスの準々決勝とダブルス2回戦8試合が行われた。

 第1シードの今西美晴(島津製作所)は、プロ1年目の小堀桃子(橋本総業ホールディングス)に7-6(5) 6-1のストレート勝ち。「クロスラリーのところから、どちらが先にストレートに展開するか。今日はその駆け引きが多かった。(第1セットのタイブレークは)ワンチャンスを先にストレートに仕掛けられたのがよかったところ」と試合を振り返った。

画像: 今西は自ら短めのボールを狙って打ち、相手のミスを誘った

今西は自ら短めのボールを狙って打ち、相手のミスを誘った

 前回大会で優勝を争った同期の大前綾希子(島津製作所)が2回戦で敗れ、今西は「勝っている人は、負けた人の分まで頑張らないといけない」と静かに、優勝への闘志を燃やす。これで2年連続3度目のベスト4入り。準決勝は「気持ちが強いほうが勝つと思うので、そこは負けないようにしたい」と意気込みを語った。

 今西と準決勝を争うのは田中優季(安藤証券)。今日は同じ愛知県出身で、高校と大学の後輩でもある吉冨愛子(橋本総業ホールディングス)を6-1 6-3で圧倒。2年ぶりに準決勝へ勝ち進んだ。

 2回戦から相手に3ゲーム以上奪われない試合運びを見せている田中。今日も「第1セットから1ポイントずつ集中して、自分のやるべきことがやり切れた」と語るように、第2セットはボールが少し浅くなったが、足を使って粘り強いプレーを最後まで披露した。

画像: 「常に3時間マッチを戦う気で、どっしりとした気持ちで臨めている」と田中

「常に3時間マッチを戦う気で、どっしりとした気持ちで臨めている」と田中

 過去11度の出場を誇る秋田史帆(北島水産)は、第2シードの波形純理(伊予銀行)を6-3 6-4で破り、初の4強入りを決めた。試合後の会見では「勝ち負けの欲を出さず、ボールだけを見て、しっかり攻めていくプランで乗り切った。まだ勝った実感はない」と語った。

画像: 秋田(左)は「何回も試合をしているのでお互いに手の内がわかっていた」と波形との試合を振り返った

秋田(左)は「何回も試合をしているのでお互いに手の内がわかっていた」と波形との試合を振り返った

 ここ1週間、首元にじんましんが2度発症し、膝の古傷も痛むなど満身創痍の状態。ただ、2週前に行われたITF2.5万ドル大会の牧之原、そして今回の全日本で4強入りと結果を残す。「今年はコンディションがあまりよくないが、テニス自体はすごくよく、(ここ最近の好調は)一球一球をファイトした結果」と手応えを口にした。

 準決勝で秋田との対戦を控えるのは第8シードの加治遥(島津製作所)。今日は第4シードの清水綾乃(Club MASA)との対戦で、ともに今年4月にプロ転向を果たした者同士。試合は7-6(6) 6-2で加治に軍配が上がった。

 激しいラリー戦となった第1セットはタイブレークに突入。加治は一時1-5とリードを許していたが、「第2セットをいい形で入れるように持ち直したいと思い、ミスを減らすことを優先しようとプレーした」ことで、状況は一変。3-6から一気に5ポイントを連取して接戦をものにした。

画像: 相手を押していくストローカータイプの加治だが、第1セットは清水に押される中で勝機を見出した

相手を押していくストローカータイプの加治だが、第1セットは清水に押される中で勝機を見出した

 大学1年時から過去4度出場しているものの、これまでの最高成績は2回戦。プロ転向後は「大学時代よりも“勝ち”にこだわるようになった」と自覚する。4月以降にITF2大会を制し、昨年末の世界ランク628位から320位に急上昇。大会前、どこまで勝ち上がることを想定していたかという質問に「目標はやっぱり優勝」と確かな自信も垣間見せる。4強入りは素直にうれしいものの、「ここからが重要」と改めて頂点を見据えた。

写真◎井出秀人

(テニスマガジン編集部◎中野恵太)

This article is a sponsored article by
''.