21歳以下のトップ8対決「Next Gen ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月7〜11日)の大会2日目、チョン・ヒョン(韓国)が第1シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を4-0 4-1 4-3(1)で下し、グループAのラウンドロビンで2勝目を挙げた。チョンは、明日のグループ最終戦で、地元の寵児、ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)と対戦する。

 昨日は、序盤にやや手間取ったチョンだが、この日は最初から取りこぼさなかった。序盤に3ブレークポイントを与えたゲームもあり、スコアが見せるほど簡単ではなかったが、結局すべてキープして第1セットを4-0、第2セットも4-1で奪取。より競った展開となった第3セットでは、振り回されても食らいついてラリーで粘り、ルブレフが自らのミスで自滅した第5ゲームで先にブレークに成功した。

 ルブレフは、次のゲームでブレークバックを果たして勝負をタイブレークに持ち込んだが、タイブレークでは、凡ミスが減っていたにも関わらず、フォアハンドのウィナーで1-6とするまで、1ポイントも取ることができず。最後は白熱したラリーの末、ルブレフがフォアハンドをネットにかけ、試合に終止符が打たれた。

 試合後、大勢の記者たちに囲まれたチョンは、「素晴らしい相手に2つ目の勝利を挙げることができてうれしい。彼は厳しい相手であり、僕らはお互いがどうプレーするかを知り尽くしていたから、すべてのボールに集中するよう努めた」と笑顔で話した。

 一方ルブレフは、「僕らはいい長いラリーをし、双方にとっていい試合だった。第1セットでブレークチャンスがあったけれど取れず、僕はちょっとアンラッキーだった」と、悪びれない様子で言った。もしやり直せたら、どこを変えるか、と聞かれたルブレフは、「たぶんあるショットをよりアグレッシブに打つだろう」と言ってから、こう続けた。

「でも、ほんの1ポイントで流れは違っていたかもしれないんだ。第1セットにあった4つのブレークポイントを僕はものにできなかったが、そこでブレークしていたら、別のスートリーになっていたかもしれない。最後のセット、僕は自分のサービスで40-15だったのに、2つのダブルフォールトをおかし、それからまたミスをした。この部分を変えていたらまた別の話になっていただろう」

ラウンドロビン・グループ

グループA

アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[1]、デニス・シャポバロフ(カナダ)[3]、チョン・ヒョン(韓国)[6]、ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)[WC]

○チョン 1-4 4-3(5) 4-3(4) 4-1●シャポバロフ
○チョン 4-0 4-1 4-3(1) ●ルブレフ
○ルブレフ 1-4 4-0 4-3(3) 0-4 4-3(3) ●クインツィ
○シャポバロフ 4-1 4-1 3-4(5) 4-3(5) ●クインツィ

グループB

カレン・カチャノフ(ロシア)[2]、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[4]、ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)[5]、ダニール・メドベデフ(ロシア)[7]

○チョリッチ 4-3(2) 4-1 4-3(5) ●ドナルドソン
○チョリッチ 4-3(5) 2-4 4-1 4-2 ●メドベデフ
○メドベデフ 2-4 4-3(6) 4-3(3) 4-2 ●カチャノフ
○カチャノフ 4-1 4-3(3) 4-2 ●ドナルドソン

Race to Milan ランキング(10月30日付)

Race to Milan(ATPランキング)選手名(国名)年齢|2017年の主な戦績ほか

1位(4位) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)20歳 |ATPファイナルズ出場(今大会欠場)

2位(35位)アンドレイ・ルブレフ(ロシア)20歳|ウマグ(ATP250)優勝

3位(44位)カレン・カチャノフ(ロシア)21歳|ハレ(ATP500)ベスト4のほか、4大会でベスト8

4位(49位)デニス・シャポバロフ(カナダ)18歳|モントリオール(ATP1000)ベスト4

5位(51位)ボルナ・チョリッチ(クロアチア)20歳|マラケッシュ(ATP250)優勝

6位(54位)ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)21歳|シンシナティ(ATP1000)ベスト8

7位(54位)チョン・ヒョン(韓国)21歳|ミュンヘン(ATP250)ベスト4、バルセロナ(ATP500)ベスト8

8位(63位)ダニール・メドベデフ(ロシア)21歳|チェンナイ(ATP250)準優勝のほか、7大会ベスト8以上

56位(294位)ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)21歳|2013年ウインブルドン・ジュニア優勝

※トップ写真はアンドレイ・ルブレフ

This article is a sponsored article by
''.