「兵庫ノアチャレンジャー」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/本戦11月6~12日/賞金総額5万ドル/室内ハードコート)の本戦4日目は、シングルス2回戦残り5試合とダブルス準々決勝残り2試合が行われた。

 シングルスは、第6シードのアキラ・サンティラン(オーストラリア)、カルバン・エメリー(フランス)、アレックス・ボルト(オーストラリア)、ステファン・ロベール(フランス)、予選勝者の綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 昨年の全日本チャンピオンでもある19歳の綿貫は、第1シードのラドゥ・アルボット(モルドバ)を5-7 6-2 6-0で下し、日本勢では第7シードの添田豪(GODAI)に続く2人目の8強入りを決めている。

 ダブルスでは、第3シードのサンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(ともにタイ)がマックス・パーセル(オーストラリア)/サンティランを6-2 7-5で、マクラクラン勉(日本)/内山靖崇(北日本物産)はワイルドカード(主催者推薦枠)の吉備雄也/大西賢(ともにノア・インドアステージ)を6-4 7-5で破り、両ペアの準決勝での対戦が決まった。

画像: 日本人ペア対決を制して準決勝に進出したマクラクラン勉(左)/内山靖崇

日本人ペア対決を制して準決勝に進出したマクラクラン勉(左)/内山靖崇

 11月10日(金)は12時00分からシングルス準々決勝4試合、14時30分以降にダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、SEはスペシャル・イグザンプト

シングルス2回戦

○4綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)[Q] 5-7 6-2 6-0 ●1ラドゥ・アルボット(モルドバ)[1]

○11カルバン・エメリー(フランス)6-4 6-3 ●9マシュー・エブデン(オーストラリア)[3]

○21ステファン・ロベール(フランス)6-4 7-5 ●24ピーター・ポランスキー(カナダ)[4]

○25アキラ・サンティラン(オーストラリア)[6] 6-3 7-6(5) ●27フーベルト・フルカッチュ(ポーランド)[SE]

○30アレックス・ボルト(オーストラリア)7-5 2-6 6-2 ●31ジャン・ザ(中国)

ダブルス準々決勝

○2マクラクラン勉/内山靖崇(日本/北日本物産)6-4 7-5 ●3吉備雄也/大西賢(ノア・インドアステージ)[WC]

○5サンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(タイ)[3] 6-2 7-5 ●8マックス・パーセル/アキラ・サンティラン(オーストラリア)

※トップ写真は第1シードを倒してシングルス準々決勝に進出した19歳の綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)

写真提供◎(一社)兵庫県テニス協会/兵庫ノアチャレンジャー

This article is a sponsored article by
''.