21歳以下のトップ8対決「Next Gen ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月7〜11日)の2日目はラウンドロビン(2グループに分かれて総当たり戦)の最終戦が行われ、準決勝に進む4人の顔ぶれが決まった。
 
 まず、この日の第1試合では唯一、前日に準決勝に勝ち上がりを決めていたグループAのチョン・ヒョン(韓国)が、すでに敗退の決まっていたワイルドカード(主催者推薦枠)のジャンルイジ・クインツィ(イタリア)に1-4 4-1 4-2 3-4(6) 4-3(3)で辛うじて競り勝った。

 この日、解き放たれたようにのびのびとプレーしたクインツィは、攻撃的なストロークやネットプレーで、試合を通してチョンにプレッシャーをかけ続ける。追い込まれたチョンは、前の試合では見せなかったようなミスもおかしたが、最後には意地を見せ、タイブレークの末にフルセットの戦いをものにした。
 
 第2試合では、グループBのダニール・メドベデフ(ロシア)が、すでに2敗で敗退の決まっていたジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)を3-4(3) 4-2 4-3(1) 4-0で破り、グループ突破の望みをつないだ。

 試合終盤にはミスが早くなり、結局3敗目を喫したドナルドソンは、失望を隠しきれず。「これはテニス面でいえば、起こり得る中で最悪の結果だ。明らかに、これらの選手は現在の僕より上だということだろう。新ルールの影響なんかじゃない。僕はただ負けたんだ」とうなだれた。
 
 グループAの2位として準決勝行きのチケットがかかった、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)対デニス・シャポバロフ(カナダ)の試合は、4-1 3-4(8) 4-3(2) 0-4 4-3(3)でルブレフに軍配が上がった。重要なポイントでしぶとさを見せたルブレフは、試合後、「素晴らしい気分だ。非常に厳しい試合だったが、準決勝進出を決めることができてうれしい」と心境を率直に吐露した。
 
 一方、スピーディなネットプレーやパワフルなスーパーショットの応酬で会場を大いに沸かせ、噂にたがわぬ将来性を見せた18歳のシャポバロフは、「勝負を分けたのは、ほんの数ポイントだった。それがテニスだ。でも僕は、この大会に出場できたことを誇りに思う」と話した。
 
 メドベデフが勝利に3セット以上を必要とした時点で、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)の勝ち上がりが決まったため、最終試合には、やはり準決勝に進むグループBの2位が、カレン・カチャノフ(ロシア)になるか、すでに試合を終えたメドベデフになるかがかかっていた。勝ち上がりを決めるためには、カチャノフは最低でも4セットで勝たなければならなかった。
 
 カチャノフは第1、2セットを取り、いいスタートを切ったが、チョリッチはそこから奮起して3セットを連取した。5セット目に突入した時点でカチャノフの夢は終わり、結局3-4(3) 2-4 4-2 4-0 4-2でチョリッチが勝利をつかんだ。
 
 準決勝のカードは、チョン対メドベデフ、チョリッチ対ルブレフとなる。

準決勝

チョン・ヒョン(韓国)vs ダニール・メドベデフ(ロシア)

ボルナ・チョリッチ(クロアチア)vs アンドレイ・ルブレフ(ロシア)

ラウンドロビン・グループ

グループA

アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[1]、デニス・シャポバロフ(カナダ)[3]、チョン・ヒョン(韓国)[6]、ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)[WC]

○チョン 1-4 4-3(5) 4-3(4) 4-1●シャポバロフ
○チョン 4-0 4-1 4-3(1) ●ルブレフ
○チョン 1-4 4-1 4-2 3-4(6) 4-3(3) クインツィ
○ルブレフ 1-4 4-0 4-3(3) 0-4 4-3(3) ●クインツィ
○ルブレフ 4-1 3-4(8) 4-3(2) 0-4 4-3(3) ●シャポバロフ
○シャポバロフ 4-1 4-1 3-4(5) 4-3(5) ●クインツィ

グループB

カレン・カチャノフ(ロシア)[2]、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[4]、ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)[5]、ダニール・メドベデフ(ロシア)[7]

○チョリッチ 4-3(2) 4-1 4-3(5) ●ドナルドソン
○チョリッチ 4-3(5) 2-4 4-1 4-2 ●メドベデフ
○チョリッチ 3-4(3) 2-4 4-2 4-0 4-2 ●カチャノフ
○メドベデフ 2-4 4-3(6) 4-3(3) 4-2 ●カチャノフ
○メドベデフ 3-4(3) 4-2 4-3(1) 4-0 ●ドナルドソン
○カチャノフ 4-1 4-3(3) 4-2 ●ドナルドソン

Race to Milan ランキング(10月30日付)

Race to Milan(ATPランキング)選手名(国名)年齢|2017年の主な戦績ほか

1位(4位) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)20歳 |ATPファイナルズ出場(今大会欠場)

2位(35位)アンドレイ・ルブレフ(ロシア)20歳|ウマグ(ATP250)優勝

3位(44位)カレン・カチャノフ(ロシア)21歳|ハレ(ATP500)ベスト4のほか、4大会でベスト8

4位(49位)デニス・シャポバロフ(カナダ)18歳|モントリオール(ATP1000)ベスト4

5位(51位)ボルナ・チョリッチ(クロアチア)20歳|マラケッシュ(ATP250)優勝

6位(54位)ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)21歳|シンシナティ(ATP1000)ベスト8

7位(54位)チョン・ヒョン(韓国)21歳|ミュンヘン(ATP250)ベスト4、バルセロナ(ATP500)ベスト8

8位(63位)ダニール・メドベデフ(ロシア)21歳|チェンナイ(ATP250)準優勝のほか、7大会ベスト8以上

56位(294位)ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)21歳|2013年ウインブルドン・ジュニア優勝

※トップ写真は試合後のアンドレイ・ルブレフ(左)とデニス・シャポバロフ
MILAN, ITALY - NOVEMBER 09: Andrey Rublev of Russia (L) embraces Denis Shapovalov of Canada at the end of the match during Day 3 of the Next Gen ATP Finals on November 9, 2017 in Milan, Italy. (Photo by Emilio Andreoli/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.