ITF(国際テニス連盟)の女子6万ドル大会「ベンディゴ国際」(オーストラリア・ビクトリア州ベンディゴ/11月6~12日/ハードコート)のシングルス準決勝で、美濃越舞(YCA)は第4シードのタマラ・ジダンセク(スロベニア)に1-6 6-7(5)で敗れ、決勝進出はならなかった。試合時間は1時間27分。

 今大会での美濃越は、1回戦で第8シードの瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)を6-4 6-3で、2回戦でゾーイ・ハイブス(オーストラリア)を4-6 6-4 6-1で、準々決勝ではサラ・トミック(オーストラリア)を4-6 6-1 6-3で破って4強入りを決めていた。

 美濃越は、上田らむ(ノア・インドアステージ)とのペアでダブルスにも出場。予選から勝ち上がり、準決勝で第1シードのエイジア・ムハメッド(アメリカ)/アリナ・ラディオノワ(オーストラリア)に4-6 4-6で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス準決勝

●26美濃越舞(YCA)1-6 6-7(5) ○24タマラ・ジダンセク(スロベニア)[4]

シングルス準々決勝

○26美濃越舞(YCA)4-6 6-1 6-3 ●31サラ・トミック(オーストラリア)

シングルス2回戦

○26美濃越舞(YCA)4-6 6-4 6-1 ●27ゾーイ・ハイブス(オーストラリア)

シングルス1回戦

●25瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)[8] 4-6 3-6 ○26美濃越舞(YCA)

●15上田らむ(ノア・インドアステージ)[Q] 0-6 4-6 ○16オリビア・ロゴウスカ(オーストラリア)[6]

ダブルス準決勝

●6美濃越舞/上田らむ(YCA/ノア・インドアステージ)[Q] 4-6 4-6 ○1エイジア・ムハメッド/アリナ・ラディオノワ(アメリカ/オーストラリア)[1]

ダブルス準々決勝

○6美濃越舞/上田らむ(YCA/ノア・インドアステージ)[Q] 7-6(2) 4-6 [10-4] ●8アストラ・シャーマ/ベリンダ・ウールコック(オーストラリア)

ダブルス1回戦

○6美濃越舞/上田らむ(YCA/ノア・インドアステージ)[Q] 6-4 4-6 [10-7] ●5ネイクザ・ベインズ/アビゲイル・テレ アピサー(オーストラリア/パプアニューギニア)[4]

※写真は岐阜の大会での美濃越舞(YCA)

This article is a sponsored article by
''.