「平成29年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第54回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月30日~12月3日/室内ハードコート)の本戦が始まり、初日は男女単複の1回戦が行われた。

 男女シングルスの本戦ドローは16。予選3試合を勝ち抜いた4人が本戦切符をつかんだが、今日はこの4人全員が勝利を手に入れた。実は昨年も予選勝者4人が1回戦を突破しており、2年連続の出来事となった。

 まずは今村昌倫(慶大1年)だ。清風高(大阪)時代の先輩でもある第3シードの坂井勇仁(早大3年)を6-4 6-4のストレートで退けた。「チャレンジの気持ちで向かっていった。(坂井が)やりづらそうなのがわかった」と喜びを口にした。

 川橋勇太(筑波大2年)が松本樹(近大2年)を6-2 6-3で下せば、高木修(近大2年)も6-1 6-2で逸崎凱人(慶大3年)に快勝。高木は関西勢で唯一のベスト8入りとなった。

画像: スピーディーなプレーを見せた高木

スピーディーなプレーを見せた高木

 福田真大(慶大2年)は第2シードの望月勇希(中大2年)との対戦だったが、望月が1ゲームを戦ったところで左膝の痛みを理由に棄権を申し出て、ベスト8に進むことになった。望月は今夏のインカレに続く初戦敗退となった。

画像: 大会前から左膝を痛めていた望月

大会前から左膝を痛めていた望月

 インカレ王者であり、第1シードで臨む島袋将(早大2年)は1年生ながら関大エースの山尾玲貴に6-4 6-4のストレート勝利。オールキープで安定感のあるプレーだった。「序盤は硬かったけれど、だんだん落ち着いて戦うことができた」と島袋。「もっとブレークできるチャンスはあった」と反省しつつ、初戦突破に安堵の表情を浮かべた。

画像: トップシードの島袋。インカレに続いてVを狙う

トップシードの島袋。インカレに続いてVを狙う

 男子シングルスの8強には早大から最多の4人が残った。残る4人が予選勝者だ。明日の本戦2日目は男女ともにシングルス準々決勝4試合、ダブルス準決勝2試合が予定されている。

(テニスマガジン編集部)

※トップ写真は、1回戦に勝利した今村昌倫(慶大1年)

This article is a sponsored article by
''.