「平成29年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第54回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月30日~12月3日/室内ハードコート)の本戦3日目は、男女シングルス準決勝と男女ダブルス決勝が行われた。

 早稲田大学同士の対戦となった男子ダブルス決勝は、第1シードの坂井勇仁(3年)/田中優之介(1年)が古賀大貴(2年)/安上昴志(2年)を7-6(6) 6-3で下してタイトルを獲得。トップ2シードの対戦となった女子ダブルス決勝は第2シードの押野紗穂/向井マリア(慶應義塾大学3年/2年)が棄権したため、第1シードの上唯希/大矢希(早稲田大学3年/3年)の優勝が決まった。

 全日本学生室内テニス選手権は男女ともシングルス16ドロー、ダブルス8ドローで争われる。試合はすべてトーナメント方式で、シングルスはベストオブ3タイブレークセットマッチ、ダブルスはファイナル10ポイントマッチタイブレークで行われる。

 大会最終日の12月3日(日)は11時00分から女子シングルス決勝、続いて男子シングルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

※この記録は大会速報を元に随時更新しており、完全記録ではありません。

男子シングルス準決勝

○7千頭昇平(早稲田大学1年)5-7 6-3 6-4 ●1島袋将(早稲田大学2年)[1]

○14田中優之介(早稲田大学1年)6-2 6-3 ●10今村昌倫(慶應義塾大学1年)[Q]

女子シングルス準決勝

○1上唯希(早稲田大学3年)[1] 4-6 7-6(5) 6-4 ●8牛島里咲(筑波大学3年)[4]

○9清水映里(早稲田大学1年)[3] 4-6 6-3 6-3 ●16森崎可南子(筑波大学3年)[2]

男子ダブルス決勝

○1坂井勇仁/田中優之介(早稲田大学3年/1年)[1] 7-6(6) 6-3 ●7古賀大貴/安上昴志(早稲田大学2年/2年)[Q]

女子ダブルス決勝

○1上唯希/大矢希(早稲田大学3年/3年)[1] 不戦勝 ●8押野紗穂/向井マリア(慶應義塾大学3年/2年)[2]

※写真は左からシングルス3位の今村昌倫、島袋将、牛島里咲、森崎可南子、男子ダブルス準優勝の古賀大貴、安上昴志、優勝の田中優之介、坂井勇仁、女子ダブルス準優勝の向井マリア、押野紗穂、優勝の大矢希、上唯希(表彰式の様子)

This article is a sponsored article by
''.