オーストラリア・ブリスベンで開催された「ブリスベン国際」(ATP250/12月31日~1月7日/賞金総額52万8910ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第3シードのニック・キリオス(オーストリア)がライアン・ハリソン(アメリカ)を6-4 6-2で下し、母国の地におけるATP初タイトルを獲得した。

 この優勝は22歳のキリオスにとって、キャリア4つ目のタイトルであり、2016年以来のものとなる。

 ハリソンは第1セットで5度ブレークポイントをつかんだが、そのどれをも、ものにすることができなかった。キリオスは奮起して第7ゲームでセットの行方を分けるブレークを果たし、やや型破りなショットとサービスの純粋なパワーの混合によって、試合の主導権を握った。

 キリオスは、この日17番目のサービスエースで試合に終止符を打った。

「いいフィーリングだ。週が進むにつれ、サービスはどんどんよくなり、日に日によりいい感じでボールを打てるようになっていった」とキリオスは言った。「今日、僕は優勝の有力候補で、ほとんどの人々が僕が勝つことを期待していたから、プレッシャーは僕の上にあった。だから、期待やプレッシャーにうまく対処できたことを誇りに思う」。

 キリオスは大会を通し、左膝に問題を抱えており、この決勝でも、第1セットの最中にテーピングをやり直す必要に迫られた。その後、彼はよりのびのびと動き始めたように見え、試合後には、1月15日に始まるオーストラリアン・オープンでも、大きな問題はないだろうと話していた。

 オーストラリアン・オープンでのキリオスの最高成績は、2015年の準々決勝進出だ。キリオスは、自信を大いに膨らませるブリスベンでのよいパフォーマンスのあと、この記録をさらに向上させたいと願っている。彼はブリスベンの準決勝で、前年度覇者で世界3位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を破っていた。

「僕にとって、それは単に精神的な自信というだけでなく、フィジカル的な自信、身を粉にして激しく戦うことができるという自信でもある」と彼は言った。「オフシーズンに行っていたトレーニングが成果を上げつつあるのを目にするのはいいものだ。でも今日のパフォーマンスについても、かなり満足している」。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はニック・キリオス(オーストラリア)
Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 07: Nick Kyrgios of Australia holds up the winners trophy after winning the Men's Final match against Ryan Harrison of the USA during day eight of the 2018 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 7, 2018 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.