デビスカップ・ワールドグループ1回戦「オーストラリア対ドイツ」(2月2〜4日/オーストラリア・ブリスベン/ハードコート)の初日は、第1試合でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がアレックス・デミノー(オーストラリア)を7-5 4-6 4-6 6-3 7-6(4)で倒して先勝すると、続く第2試合ではニック・キリオス(オーストラリア)がヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を6-4 6-4 6-4で下し、両国エースが勝利を挙げて土曜日のダブルスにつないだ。

 第2試合は1時間37分だったのに対して第1試合の試合時間が3時間54分と、およそ3倍の時間がかかった。世界ランク139位で18歳のデミノーは、これがデ杯デビュー戦だったが、世界ランク5位で20歳のズベレフに対してセットカウント2-1とリードを奪った。だがズベレフは第4セットを奪い返すと、ファイナルセットはタイブレーク7-4とし、エースの意地を見せた。

 デミノーは今年1月初めの「シドニー国際」で準優勝し、「ブリスベン国際」では準決勝進出を果たしていた。この双方の大会で、彼はデビスカップ監督のレイトン・ヒューイット(オーストラリア)のサポートを受けていた。

「彼はまだ18歳だというのに、信じられないくらいのプレーをしている。もし、これから彼が上達し続けるなら、きっと素晴らしい選手になる」とズベレフはデミノーを評した。

 土曜日のダブルスには、オーストラリアがマシュー・エブデンとジョン・ピアース、ドイツはティム・プッツとペーター・ゴヨブチックが出場予定となっている。日曜日は対戦相手を入れ替えたシングルスが行われる。

 この対戦に勝った国は4月6日から8日に、イギリス対スペインの勝者との準々決勝に勝ち進む。一方、敗れた国は9月14日から16日に、ワールドグループ残留をかけてプレーオフを戦うことになる。

 オーストラリアは過去3年間に2度、準決勝に進んでいるが、今年こそ2003年以来29度目となるタイトル獲得を目指している。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はオーストラリアのアレックス・デミノー(右)とレイトン・ヒューイット監督
BRISBANE, AUSTRALIA - FEBRUARY 02: Team Captain Lleyton Hewitt talks tactics with Alex de Minaur in the match against Alexander Zverev of Germany during the Davis Cup World Group First Round tie between Australia and Germany at Pat Rafter Arena on February 2, 2018 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.