ロシア・サンクトペテルブルクで開催されている「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(WTAプレミア/1月29日~2月4日/賞金総額79万9000ドル/室内ハードコート)のシングルス準々決勝。

 オーストラリアン・オープン・チャンピオンで第1シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が、第8シードのダリア・カサキナ(ロシア)に6-7(2) 3-6で敗れた。

 カサキナは第2セットで3-0とリードする前、第1セットはワンブレーク・ダウンから挽回してタイブレークを制した。

 彼女は次の準決勝で第4シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)と対戦する。ムラデノビッチはカテリーナ・シニアコバ(チェコ)を6-4 6-3で下して勝ち上がった。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のペトラ・クビトバ(チェコ)は、昨年のフレンチ・オープン・チャンピオンで第2シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6-0 6-2で下し、勢いを保ち続けている。

 クビトバは準決勝で、予選勝者の18歳、エレナ・リバキナ(ロシア)を6-3 6-3で下した第5シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)と対戦する。

※写真はカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を破ったダリア・カサキナ(ロシア)全豪で撮影
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 17: Daria Kasatkina of Russia plays a forehand in her second round match against Magda Linette of Poland on day three of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 17, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.