「フェドカップ(フェド杯)アジア・オセアニアグループ1部」(インド・ニューデリー/2月7~10日/ハードコート)の大会3日目は予選リーグの第3戦が行われ、ワールドグループ復帰を目指す日本はプールBの第3戦で台湾を3連勝で下した。

 この日最初のS2スー・チンウェン(台湾)戦で登場したのは、これまでダブルスで出場してきた加藤未唯(佐川印刷)。タイ戦、韓国戦でS2を任された奈良くるみ(安藤証券)は、コンディションが万全ではなく、カザフスタン戦に備えて温存された。加藤は「昨夜の夕飯の前に告げられた。大会前からシングルスの準備はしておくように言われていたので、さほど驚きはなく、“自分のできることをやろう”と思った」という。

 ツアーでも単複両方に出場する経験を生かし、12連続ポイントで3ゲーム連取と最高のスタートを切った。サービスで相手を崩し、リターンゲームも積極的に攻めた。第5ゲームで0-30となっても「焦らず、自分のペースでできた」とラリーで相手のミスを誘い、ドロップショットも決めて4ポイント連取でキープした。

 その後もサービスゲームをキープして、6-2で第1セットを制する。第2セットは最初にブレークされるが、そこから相手のミスにも助けられ6ゲーム連取で試合を終わらせた。

画像: S1でスー・チーユを7-6(8) 6-4で破り、勝利を確定させた日比野菜緒

S1でスー・チーユを7-6(8) 6-4で破り、勝利を確定させた日比野菜緒

 S1は3日連続で日比野菜緒(LuLuLun)が任された。第1セットはお互いブレークが続く展開となり、6-5からセットポイントもあったが生かせず、ブレークされてタイブレークに突入。ここでもミニブレークが多い展開となる。最後は8-8から2ポイント連取を連取し、力を抜いたドライブボレーで決めた。

 第2セットも競った内容になった。足が止まってボールを追えなくなる場面も見られたが、自分を鼓舞し続けて、5-4から相手のサービスを攻めて0-40とし、3つ目のマッチポイントで試合を締めた。

 ダブルスは3日連続変わらず加藤と二宮真琴(橋本総業ホールディングス)のペアが出場。試合を重ねて「2人でいい形でポイントを獲れる回数が増えている」と加藤が言うように、ストロークで攻めて相手のショットが甘くなったところをボレーでたたくなど、ポイントを重ねた。

 第1セットは6-2で奪い、第2セットも4-0となって勝負が決まったかに思われたが、そこから2人ともファーストサービスが入らず、リターンのミスも増えて苦しみ、5ゲームを連取されて逆転されてしまう。「もう一度気持ちを入れ直していこう」と声を掛け合って追いつき、タイブレークを7-1で制した。

 3連戦で精神的にも肉体的にも疲れが見えるが、それは単複ともにザリナ・ディアスとユリア・プティンセバの2人だけで戦ってきたカザフスタンにも言えること。「4人の力を合わせて、それぞれが自分の力を信じて戦い、それが勝利につながれば最高。みんなが最大のパフォーマンスが出せるように頑張る」とまだまだ元気な加藤は、最終戦への意気込みを語った。

編集部◎池田晋

※トップ写真はスー・チンウェン/リー・ヤーシュエンに6-2 7-6(1)で勝利した加藤未唯/二宮真琴

This article is a sponsored article by
''.