「DIEMA XTRA ソフィア・オープン」(ATP250/ブルガリア・ソフィア/2月5~11日/賞金総額56万1345ユーロ/室内ハードコート)のシングルス決勝で、ミルザ・バシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)がマリウス・コピル(ルーマニア)を7-6(6) 6-7(4) 6-4で倒し、ATPツアー初優勝を果たした。試合時間は2時間19分。

 この結果でバシッチは、コピルとの対戦成績を3勝1敗とした。両者のツアーレベルでの対戦は、今回が初めてだった。

 今大会に予選から出場したバシッチは、1回戦でラッキールーザーのフロリアン・マイヤー(ドイツ)を6-4 6-1で、2回戦で第4シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を7-5 7-6(5)で、準々決勝でマクシミリアン・マルテレル(ドイツ)を6-4 4-6 6-3で、準決勝では第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス)を7-6(6) 6-4で下して決勝進出を決めていた。

 26歳のバシッチは、やはり予選から勝ち上がった昨年10月のモスクワ(ATP250/室内ハードコート)でツアー初の4強入りを果たしていた。

 エイドリアン・ウングル(ルーマニア)とのコンビで2015年4月のブカレスト(ATP250/クレーコート)でダブルスのタイトルを獲得している27歳のコピルは、シングルスでは過去5度のベスト8がこれまでの最高成績だった。

※写真は2016年のオーストラリアン・オープンでのミルザ・バシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 20: Mirza Basic of Bosnia and Herzegovina reacts in his second round match against Tomas Berdych of Czech Republic during day three of the 2016 Australian Open at Melbourne Park on January 20, 2016 in Melbourne, Australia. (Photo by Ryan Pierse/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.