オーストラリアン・オープン準優勝者のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が、メルボルンでスポンサーなしでプレーしたあと、ナイキと新しいスポンサー契約を結んだ。

 世界2位のハレプは、月曜日にフェイスブック上でその旨を発表した。彼女は、「Just Do It. I just did it 」とのキャプション付きで、写真を投函した。

 先月のオーストラリアン・オープン決勝で、彼女はブランド名の入っていない赤いテニスウェアを着てプレーしており、そのことがソーシャルメディア上でジョークを触発していた。彼女はそのウェアをオンラインで買ったのだと言った。

 ハレプは1月初めに深圳オープンで優勝したときにも、ウェアのスポンサーを擁していなかった。

 ルーマニアのメディアによれば、ハレプのナイキとの契約は1年200万ドル相当の価値を持つという。これに先立ち、彼女はアディダスと契約していたが、昨年12月に袂を分かっていた。

 ハレプはオーストラリアン・オープン決勝ではカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)にフルセットの戦いの末、敗れていた。そのハレプとウォズニアッキの双方が、今週カタール・ドーハで行われる「カタール・トータル・オープン」(WTAプレミア5/2月12〜18日/ハードコート)でプレーすることになっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はオーストラリアン・オープンでのシモナ・ハレプ
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 27: Simona Halep of Romania plays a backhand in her women's singles final against Caroline Wozniacki of Denmark on day 13 of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 27, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.