テニスなるほどレッスン シリーズ

もっといいサービスは必ず打てる!

テニス丸ごと一冊サービス

著者◎堀内昌一

発行◎ベースボール・マガジン社

主な内容

 初心者やジュニア、女性は、まず厚いグリップでサービスのスイングを覚えて、あとで薄いグリップに変えましょう――こういう順序でサービスを覚えたあとで、本当に薄いグリップに変えられるでしょうか? 変えたら、いいサービスが打てるようになるのでしょうか? なぜ最初から薄いグリップで打たないのでしょうか? 

 最初に厚いグリップでサービスを覚えた人の多くが、ゲームをするとサービスの確率が悪く、改善しようとして薄いグリップに変えようとするのですが、なかなか変えられないでいます。そのうち、小手先で調整してサービスを打つようになるのですが、それは確率を上げることにはつながらないため、結局、サービスにコンプレックスを抱えてプレーすることになってしまいます。

 一生懸命にサービス練習をしてもやろうとしていることが間違っていると、それは変な癖を固めてしまうだけです。やるべきことを正しく理解して、正しいアプローチをすれば、努力は必ず報われます。本書ではサービスの「基本」と「やるべきこと」をお伝えします。

 目指すのは、正しいひとつの打法を身につけることです。この打法は、自然なスピン(ナチュラルスピン)がかかったサービスを生み出します。このひとつの打法を追求して、練習を積み重ねていけば、上達とともに様々な種類のサービスをつくることができ、意図したところへ打ち出せるようになります。

 ひとつの打法が多くの球種を生み出すーー基本となるのは「ナチュラルスピンサービス」です。このサービスを覚えましょう。

目次

PART1
サービスの正しいイメージをインプット
サービスがよいプレーヤーの絶対条件

PART2
サービスの戦略&戦術
サービスを打つ前に

PART3
必ずうまくなる効果的練習
達成型練習のすすめ

PART4
これを知らなきゃ始まらない!
サービスの基本を知る

PART5
ラケットを置いて始めよう!
体の使い方を覚える

PART6
ついてしまった癖を直したい!
サービスの欠点・弱点解消講座

著者プロフィール

堀内昌一(亜細亜大学教授 / テニス部監督 / 日本テニス協会公認マスターコーチ)

ほりうち・しょういち◎1960年2月1日、東京都生まれ。亜細亜大学教授、テニス部監督。選手時代に83年ユニバーシアード出場。85、86年ジャパンオープン出場も果たした。現在は、学生の育成・強化はもちろんのこと、テニス界全体の普及・強化にも尽力。日本テニス協会公認マスターコーチとして指導者養成に携わる。主な著書は『テニス丸ごと一冊サービス』(書籍)、『テニス丸ごとサービスDVD』のほか、テニスマガジンで連載中の『テニスの戦略と戦術がよくわかるレッスン』をまとめた書籍『テニス丸ごと一冊戦略と戦術①戦術を考えるために必要な基礎知識』『同②サービスキープは勝つための絶対条件』『同③ゲームの最終局面、ポイント獲得!』などが好評発売中。 いずれもテニスマガジン監修/ベースボール・マガジン社刊

This article is a sponsored article by
''.