青山修子/柴原瑛菜が同ペアとして初のグランドスラム8強入り [フレンチ・オープン]

今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の女子ダブルス3回戦で、第7シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)が第10シードのヘイリー・カーター(アメリカ)/ルイーザ・ステファニー(ブラジル)を6-4 7-5で倒し、同ペアとしてはグランドスラムで初のベスト8進出を決めた。試合時間は1時間20分。

 両ペアは1ヵ月前にUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)でも8強入りをかけて対戦しており、そのときはカーター/ステファニーが6-4 0-6 6-4で勝っていた。

フレンチ・オープン2020|トーナメント表

 昨年からペアを組み始めた青山/柴原は、今回がツアー大会で16回目のダブルス出場。初めてトップシードとして臨んだ2月のサンクトペテルブルク(WTAプレミア/室内ハードコート)では、今季初優勝を飾っていた。昨年は6大会で3度決勝に進出し、10月には天津(WTAインターナショナル/ハードコート)とモスクワ(WTAプレミア/室内ハードコート)でタイトルを獲得した。

 今大会での青山/柴原は、1回戦でベルナルダ・ペラ(アメリカ)/レタナ・ボラコバ(チェコ)を6-0 6-1で、2回戦ではコーネリア・リスター(スウェーデン)/シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)を6-7(7) 6-2 7-6(4)で破って勝ち上がっていた。

 両親ともに日本人ながら南カリフォルニアで生まれ育った柴原は、昨年6月に国籍登録をアメリカから日本に変更した。ジュニア時代の柴原は、ジェイダ・ハート(アメリカ)とのコンビで臨んだ2016年USオープン・ジュニアのダブルスで優勝した実績を持っている。

 青山/柴原は準々決勝で、第14シードのアレクサ・グラーチ(チリ)/デジレイ・クラブチェク(アメリカ)と対戦する。グラーチ/クラブチェクは3回戦で、第1シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-4 7-5で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

※写真は昨年のフレンチ・オープンでの青山修子(近藤乳業)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録