USオープンフォト日記。Oちゃんニューヨークへ行く!DAY13の続き

大会13日目。 の、つづきです。


やっと始まりました、女子準決勝。
始まったのは現地時間夜9時くらい。
ほぼ、12時間待機してます。ケツが痛い・・・

センターコートでセレーナvsクライスターズ
アームストロングでウォズニアッキvsウィックマイヤー
2会場で同時スタートです。

セレーナvsクライスターズ戦。

なんと、6-4,6-5 でクライスターズのリードでの状況で
想定外のことが起きました。

セレーナのサービスゲーム、15-30でフットフォ-ルトで15-40。
それに怒ってしまったセレーナが線審に何か言い、
それに対してバイオレーションを取られました。
その前にラケットを投げて1度目の警告を受けていたので、
2度目ということでポイント!
なんとそこでゲームセット!!
になってしまいました。

写真はレフェリーと審判と話をしているセレーナ。


早々にクライスターズに握手するセレーナ。
ブチ切れてるでしょう。

キムも、なんだかな~って感じで、
「勝者クライスターズ」の放送に、恐縮気味に手を上げてました。

こんな光景はじめてみました。
フットフォールとは見たことありますが、
こういう結末は初めてです。

最後はもうひとつの準決勝の勝者、ウォズニアッキ。

勝利が決まり、ベンチにもっどたら目には涙が。

明日は女子決勝と男子準決勝。
そして、男子ダブルス決勝、女子ダブルス準決勝の続き。
盛りだくさんです。

またあした~

(こちらテニマガ編集部フォトグラファーOちゃん、ただいまUSオープン取材中)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録