配信開始 新刊本 『テニスの「基」-コーディネーションから始める-』

この10年 全国各地 アジア各国でテニス普及活動を中心に行ってまいりました。その中で本当に多くのことを感じ学ぶ機会をいただきました。

一番強く感じたポイントが、テニスが身近ではないということ・・・

地域によっては、その環境が全くなく始めるにも何をどう始めていいのか分からないという多くの現実に直面しました。

また、指導現場ではショット練習をさせることで時間を割かれ、トレーニングやゲームルールなどの学びまで時間が回せてないということ・・・

そして、競技人口がどんどんと減少とともに低年齢化しているという現実もあります。確実に少子化の時代になって来ています。

一人でも多くの子供たちにテニスの楽しさを知ってもらいたい 生涯楽しめるスポーツを見つけてもらいたい

そんな思いから、どんな切り口で伝えれば多少でも興味を持ってもらえるのか・・・

何を伝えれば早く競技に興味を持たせれるのか

初回ミーティング 構想から 5年 やっと本日 発表できました。

もっと簡単に始めてほしい・・・

始めての人にテニスを知ってもらいたい・・・

ゲーム・ルールなどを簡単に覚えてもらいたい・・・

指導進行をスムーズにしたい・・・

指導背景を親子で理解してもらいたい・・・

夢中に楽しむ子供たちを増やしたい・・・

一つでも当てはまるものがあれば 是非 ご覧ください!

Amazon 本 神谷勝則 で検索 テニスの基(もと)

よろしくお願いします

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

タグ: