メドベージェフが大会初勝利、アンダーサーブも披露 [Nitto ATPファイナルズ]

写真はダニール・メドベージェフ(ロシア)(Getty Images)

男子トップ8によるエリート大会「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月15~22日/賞金総額570万ドル/室内ハードコート)の大会2日目のシングルスは、グループ東京1970のラウンドロビン(総当たり戦)第1戦が行われた。

 アフタヌーンセッションで第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が大会デビュー戦に臨んだ第8シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-3 6-2で、イブニングセッションでは第4シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)が第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-3 6-4で下し、上位勢がそれぞれ白星スタートを切った。

 第2セット4-3とリードしたメドベージェフは、30-30のときに素早いアンダーサーブを使ってズベレフを驚かせた。ズベレフは釣られてネットに出たが、バックハンドボレーをアウトしてそのポイントを失った。

「ワイドサーブが思うように機能せず、彼はいいリターンをしていた」とメドベージェフは試合後に説明した。「彼はベースライン後方5mほどのところまで下がっており、僕はちょうどラケットの近くにボールを持っていたから不意に“やってみよう“と思ったんだ。実際にうまくいったし、いい作戦だったよ」。

 その2ゲーム後に彼はラブゲームでサービスゲームをキープし、昨年から数えてATPファイナルズでの4試合目で同大会初の勝利をもぎ取った。メドベージェフは初出場だった昨年のATPファイナルズでラウンドロビン3試合のすべてで敗れ、その中にはズベレフに対する敗戦も含まれていた。メドベージェフはスコア以上に消耗戦だった第1セットを乗り越え、そのときの雪辱を果たした。

 2018年チャンピオンのズベレフは第1ゲームでブレークしたが、自らのダブルフォールトですぐにその優位性を手放してしまった。ズベレフは第6ゲームでふたたびダブルフォールトを犯して2-4とリードを許し、メドベージェフはこの試合で最初のサービスエースでセットを締めくくった。

 第2セット3-3の場面でズベレフが放った力のないフォアハンドがネットにかかり、メドベージェフは勝負を決めることになるブレ―クに成功した。メドベージェフは前述のアンダーサーブも使ってキープし、パリ・マスターズ決勝で勝った8日後にふたたびズベレフを倒した。

 ストレートで決着がついたにもかかわらず、メドベージェフは「これは僕のキャリアの中でもっとも厳しい試合のひとつだった」と語った。

 大会3日目の水曜日に行われる第2戦は、アフタヌーンセッションでズベレフとシュワルツマンが、イブニングセッションではジョコビッチとメドベージェフが対戦する予定となっている。

 ロンドンでATPファイナルズが開催されるのは12年目の今年までとなっており、2021年から25年まではイタリア・トリノで行われることが決まっている。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images