日比野菜緒が18歳コスチュクを退け本戦初勝利 [フレンチ・オープン]

今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、日比野菜緒(ブラス)が予選を勝ち上がってきた18歳のマルタ・コスチュク(ウクライナ)を6-4 6-0で退け、初の本戦勝利を挙げた。試合時間は58分。

 ロラン・ギャロスに5年連続出場となる25歳の日比野は、12回目のグランドスラム本戦の舞台でマッチ3勝目をマークした。昨年は予選決勝で、エレナ・リバキナ(カザフスタン)に5-7 5-7で敗れていた。

フレンチ・オープン2020|トーナメント表

 前週のストラスブール(WTAインターナショナル/クレーコート)に参戦していた日比野は、グランドスラム優勝経験者のスローン・スティーブンス(アメリカ)とエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を倒す快挙を成し遂げ4強入りしていた。

 両者は今回が初対戦。コスチュクは14歳のときに臨んだ2017年全豪ジュニアで優勝し、翌年は予選から出場したオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で3回戦まで勝ち進んで注目された。

 コスチュクは予選決勝で奈良くるみ(安藤証券)を破り、先のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では3回戦で対戦した大坂なおみ(日清食品)から第2セットを奪う健闘を見せていた。

 日比野は2回戦で、第30シードのオンス・ジャバー(チュニジア)とザリナ・ディアス(カザフスタン)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

※写真は日比野菜緒(ブラス)
PARIS, FRANCE - SEPTEMBER 29: Nao Hibino of Japan plays a forehand during her Women's Singles first round match against Marta Kostyuk of Ukraine on day three of the 2020 French Open at Roland Garros on September 29, 2020 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録