2020-09-29

記録

2016年覇者ムグルッサが約3時間の競り合いを制して初戦負けを回避 [フレンチ・オープン]

今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、第11シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)がタマラ・ジダンセク(スロベニア)との接戦を7-5 4-6 8-6で制し、初戦を突破した。試合時間は3時間1分。

 ロラン・ギャロスに8年連続出場となる26歳のムグルッサは、2016年の決勝でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を倒してグランドスラム初タイトルを獲得。昨年は4回戦で、スローン・スティーブンス(アメリカ)に4-6 3-6で敗れていた。

 今シーズンのムグルッサはオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で準優勝し、前哨戦のローマ(WTAプレミア5/クレーコート)では4強入りしていた。

 ムグルッサは次のラウンドで、ヴィクトリア・クズモバ(スロバキア)を6-1 6-2で破って勝ち上がったクリスティーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。

 そのほかの試合では、ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)、アリゼ・コルネ(フランス)、パトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)、レイラ・フェルナンデス(カナダ)、カーヤ・ユバン(スロベニア)、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したクララ・ビュレル(フランス)が2回戦に駒を進めた。

 第18シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が19歳のユバンに3-6 3-6で、第31シードのマグダ・リネッテ(ポーランド)は18歳のフェルナンデスに6-1 2-6 3-6で敗れ、それぞれ初戦でシードダウンを喫した。(テニスマガジン)

フレンチ・オープン2020|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

女子シングルス1回戦|主な試合結果

○78クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)6-1 6-2 ●77ヴィクトリア・クズモバ(スロバキア)

○80ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[11] 7-5 4-6 8-6 ●79タマラ・ジダンセク(スロベニア)

○86パトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)7-5 7-5 ●85シュテファニー・フェーゲレ(スイス)

○102ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)6-4 6-2 ●101ディアンヌ・パリー(フランス)[WC]

------

○103レイラ・フェルナンデス(カナダ)1-6 6-2 6-3 ●104マグダ・リネッテ(ポーランド)[31]

○106カーヤ・ユバン(スロベニア)6-3 6-3 ●105アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[18]

○108クララ・ビュレル(フランス)[WC] 6-7(7) 7-6(2) 6-3 ●107アランチャ・ラス(オランダ)

110アリゼ・コルネ(フランス)6-3 6-2 ●109クロエ・パケ(フランス)[WC]

※写真はガルビネ・ムグルッサ(スペイン)
PARIS, FRANCE - SEPTEMBER 28: Garbine Muguruza of Spain plays a backhand during her Women's Singles first round match against Tamara Zidansek of Slovenia on day two of the 2020 French Open at Roland Garros on September 28, 2020 in Paris, France. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録