日本勢5人が挑む男子予選が9月21日(月)からスタート [フレンチ・オープン]

今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/予選9月21日~、本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の予選が、9月21日(月)からスタートする。

 男子の予選ドローが発表され、日本人選手はダニエル太郎(エイブル)、添田豪(GODAI)、伊藤竜馬(北日本物産)、綿貫陽介(日清食品)、守屋宏紀(北日本物産)の5人が名を連ねた。

 ダニエルが第8シード、添田は第11シードとなり、5人はそれぞれ別々のブロックに入った。伊藤と綿貫の初戦は、シード選手との対戦となった。

 男子予選はシングルス128ドローで争われ、3試合に勝った16名が本戦の出場権を手にする。予選は9月25日(金)までの5日間に渡って行われる予定となっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

男子予選1回戦の組み合わせ|日本人選手

57ダニエル太郎(日本/エイブル)[8] vs 58マティアス・ブールグ(フランス)[WC]

81添田豪(日本/GODAI)[11] vs 82ジョバンニ・ムペシ ペリカール(フランス)[WC]

103伊藤竜馬(日本/北日本物産)vs 104ニコラ・ミロジェビッチ(セルビア)[31]

113綿貫陽介(日本/日清食品)vs 112ジャン・ジェイソン(台湾)[15]

109守屋宏紀(日本/北日本物産)vs 110ルドルフ・モレカー(ドイツ)

写真◎小山真司 / SHINJI OYAMA

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録