大学テニスの日本一を決める団体戦「平成29年度全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子71回/女子53回)」(東京・有明テニスの森公園テニスコート/10月10~13日)の競技初日は男女1回戦(各2試合)が行われ、男子は松山大、中京大が勝利して2回戦へ進んだ。

                  ◇  ◇  ◇

 中国四国地区王者の松山大は北海道地区王者の北海道大と対戦。ダブルスを1勝2敗とリードされた松山大だが、シングルスを4勝2敗で乗りきり、5 勝4敗と逆転勝利に結びつけた。

 勝利の立役者はエースの平田龍一だろう。ダブルスで貴重な1勝をチームに運べば、シングルスでも大西一生とのエース対決を6-3 7-5で制し、単複で2勝を挙げた。

「自分に(勝敗が)かかると思っていた」と平田が言う。S4熊木隆、S5鈴木晟士、S6市川大誠のシングルス3本が勝利を挙げ、4勝2敗と逆転していたが、S1、S2は劣勢の苦しい展開を強いられていた。

 さらに平田は試合序盤で軽い熱中症にかかっていた。この日の気温は10月上旬とは思えないほど暑かった。第1セットを先取し、第2セットは5-3から5-5に追いつかれたものの、最後は嘔吐におそわれながらも7-5で逃げきった。

画像: 平田(右)と大西のS1対決は平田の勝利

平田(右)と大西のS1対決は平田の勝利

「早い展開で攻めていった。勝った瞬間はうれしいというよりも情けなかった」と平田。それでも「勝ててホッとしている」と安堵の表情を見せた。中国四国地区15連覇の松山大。明日の2回戦は昨年と同じく、第1シードの早稲田大と対戦する。

「自分が勝っていれば…」と北海道大の大西。「ファイナルセットに持ち込みたかった」と158㎝の小さなエースは悔やんだが、最後の粘り強さは練習の賜物だろう。「勝って早稲田とやりたかった」と肩を落とした。

 もう一方の1回戦、東海地区王者の中京大と北信越地区王者の金沢大は7勝2敗で中京大の勝利。中京大はダブルスを2勝1敗で折り返し、シングルスも5勝1敗と常にリードを保ったまま、勝利にたどり着いた。中京大は明日の2回戦で第2シードの慶應義塾大と対戦する。

画像: 金沢大はD2小間/藤井が勝利を挙げた(手前)

金沢大はD2小間/藤井が勝利を挙げた(手前)

画像: 2回戦進出を決めた中京大

2回戦進出を決めた中京大

 2回戦のそのほか2試合は、鹿屋体育大が関西大と、近畿大が東北学院大と対戦する。

(テニスマガジン編集部◎牧野 正)

 


This article is a sponsored article by
''.