「香港テニス・オープン」(WTAインターナショナル/中国・香港/10月9~15日/賞金総額50万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、江口実沙(橋本総業ホールディングス)はジェニファー・ブレイディ(アメリカ)に3-6 0-6で敗れた。試合時間は1時間2分。

 今大会に3年ぶりに出場した江口は、大会初勝利ならず。初出場だった2014年は予選2試合を勝ち抜き、本戦1回戦でジェン・ジー(中国)に1-6 6-7(5)で敗れていた。

 江口は昨年9月に負った左膝靭帯断裂の大ケガから5月に復帰して12大会目だったが、WTAツアーでの初勝利はならなかった。

 この結果でブレイディは、江口との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2013年1月にポートセントルーシー(ITF2.5万ドル/クレーコート)の予選で初対戦しており、江口が6-4 6-4で勝っていた。

 ブレイディは2回戦で、第8シードのジャン・シューアイ(中国)と対戦する。ジャンは1回戦で、奈良くるみ(安藤証券)を6-0 6-0で下しての勝ち上がり。

 ザリナ・ディアス(カザフスタン)とのペアでダブルスにも出場している江口は、初戦で第1シードのチャン・ハオチン/チャン・ユンジャン(ともに台湾)と対戦する予定となっている。

画像: 写真はUSオープンでの江口実沙 (撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

写真はUSオープンでの江口実沙 (撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)


This article is a sponsored article by
''.