「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、ダニエル太郎(エイブル)は36歳のジュリアン・ベネトー(フランス)に7-6(6) 6-7(0) 4-6 1-6で敗れた。試合時間は3時間27分。

 全豪に5年連続出場となったダニエルは、2年ぶり2度目の本戦入り。昨年は予選2回戦で、ユルゲン・メルツァー(オーストリア)に3-6 2-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。昨シーズンのダニエルは、5月にエストリル(ATP250/クレーコート)で2度目のATPツアー8強入りを果たし、グランドスラムではフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)とUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で2回戦に進出するなど、世界ランク99位でシーズンを終えていた。

 ベネトーは2回戦で、第7シードのダビド・ゴファン(ベルギー)と予選を勝ち上がったマティアス・バッキンガー(ドイツ)の勝者と対戦する。

※写真はダニエル太郎(エイブル)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 16: Taro Daniel of Japan plays a backhand in his first round match against Julien Benneteau of France on day two of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.