「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の男子ダブルス決勝で、第7シードのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)が第11シードのフアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(ともにコロンビア)を6-4 6-4で下して優勝を飾った。試合時間は1時間33分。

 マラックとパビッチは昨年3月のマイアミ(ATP1000/ハードコート)からペアを組み始め、7月にウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)で準優勝、10月にはストックホルム(ATP250/室内ハードコート)で初タイトルを獲得し、ATPツアー最終戦(イギリス・ロンドン/室内ハードコート)にも出場した。

 今季開幕戦のドーハと翌週のオークランド(ともにATP250/ハードコート)に連勝して今大会を迎えていたマラック/パビッチは、マッチ14連勝でグランドスラム初制覇を果たした。

 24歳のパビッチは、ラウラ・シグムンド(ドイツ)とのミックスダブルスで2016年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)を制したが、37歳のマラックにとっては今回がグランドスラム初タイトルとなった。

 今大会のマラック/パビッチは、1回戦でフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)/ビクトル・エストレーリャ ブルゴス(ドミニカ共和国)を6-1 6-4で、2回戦でヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/オーサム・シタック(ニュージーランド)を6-7(5) 6-4 6-4で、3回戦で第10シードのロハン・ボパンナ(インド)/エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)を6-4 6-7(5) 6-3で、準々決勝でマーカス・ダニエル(ニュージーランド)/ドミニク・イングロット(イギリス)を6-4 6-7(10) 7-6(5)で、準決勝ではマクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を4-6 7-5 7-6(4)で破って決勝進出を決めていた。

 ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)とのコンビで第8シードで出場しているミックスダブルスでも勝ち残っているパビッチは、大会最終日の決勝で第5シードのティメア・バボス(ハンガリー)/ボパンナと対戦する。

※写真は男子ダブルス優勝のオリバー・マラック(オーストリア/左)とマテ・パビッチ(クロアチア)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 27: Oliver Marach of Austria and Mate Pavic of Croatia pose for a photo with the championship trophy and the ball kids after winning the Men's Doubles Final against Juan Sebastian Cabal of Colombia and Robert Farah of Colombia on day 13 of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 27, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.