ATPツアー下部大会の「第54回 島津全日本室内テニス選手権大会(京都チャレンジャー)」(京都府京都市・島津アリーナ京都/本戦2月19~25日/賞金総額:男子5万ドル/室内カーペットコート)の本戦3日目は、男子シングルス1回戦残り4試合および2回戦4試合と男子ダブルス1回戦残り3試合と準々決勝1試合が行われた。

 シングルスは、第1シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)、第3シードの添田豪(GODAI)、第7シードのフーベルト・フルカッチュ(ポーランド)、ブレイク・エリス(オーストラリア)の4人が準々決勝に進出。第5シードの伊藤竜馬(北日本物産)は予選勝者のエリスに6-4 3-6 4-6で敗れた。

 前年覇者で第8シードの内山靖崇(北日本物産)は1回戦に臨んだが、2015年優勝者のミコール・プラジズニー(ポーランド)に6-4 4-6 6-7(3)で競り負けた。

 ダブルスでは、N.スリラム・バラジ/プラジュネシュ・グネスワラン(ともにインド)がリー・ジェ(中国)/ステファン・ロベール(フランス)を6-4 6-4で下して準決勝進出を決めている。

 2月22日(木)は女子の試合後10時30分以降に、男子シングルス2回戦残り4試合と男子ダブルス準々決勝残り3試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、PRはプロテクト・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)

男子シングルス2回戦

○1ジョン・ミルマン(オーストラリア)[1] 7-6(3) 6-7(6) 6-3 ●3ブライデン・クライン(イギリス)

○8フーベルト・フルカッチュ(ポーランド)[7] 6-1 6-4 ●5マックス・パーセル(オーストラリア)

○9添田豪(GODAI)[3] 6-4 6-1 ●11アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)

○14ブレイク・エリス(オーストラリア)[Q] 4-6 6-3 6-4 ●16伊藤竜馬(北日本物産)[5]

男子シングルス1回戦

○18ミコール・プラジズニー(ポーランド)[PR] 4-6 6-4 7-6(3) ●17内山靖崇(北日本物産)[8]

○19トビアス・カムケ(ドイツ)6-2 6-2 ●20エダン・レシェム(イスラエル)

○27内田海智(富士薬品)6-4 3-1 Ret. ●28タカニィ・ガランガンガ(ジンバブエ)[Q]

○32ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)[2] 4-6 7-6(4) 6-4 ●31リー・ジェ(中国)[Q]

男子ダブルス準々決勝

○14N.スリラム・バラジ/プラジュネシュ・グネスワラン(インド)6-4 6-4 ●15リー・ジェ/ステファン・ロベール(中国/フランス)

男子ダブルス1回戦

○8ブライデン・クライン/ルカ・マルガロリ(イギリス/スイス)6-7(5) 6-4 [13-11] ●7松井俊英/イ・チュハン(ASIA PARTNERSHIP FUND/台湾)

○9トゥナ・アルトゥナ/フーベルト・フルカッチュ(トルコ/ポーランド)6-1 2-6 [10-8] ●10福田創楽/清水悠太(イカイ)[WC]

○11添田豪/内山靖崇(GODAI/北日本物産)6-4 6-4 ●12ペン・シェン イン/アンドレアス・シーエストロム(台湾/スウェーデン)[4]

※写真は初戦敗退を喫した前年覇者の内山靖崇(北日本物産)
撮影◎真野博正

This article is a sponsored article by
''.