「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」(ATP500/アラブ首長国連邦・ドバイ/2月26日~3月3日/賞金総額305万7135ドル/ハードコート)の男子シングルスで2回戦、第2シードのルカ・プイユ(フランス)がカレン・ハチャノフ(ロシア)を6-4 3-6 6-4で下し、ベスト8進出を決めた。2人は3日前に行われたマルセイユの決勝で顔を合わせたばかりで、そのときはハチャノフが7-5 3-6 7-5で勝利していた。

 プイユは第1セットの第8ゲームで2つのブレークポイントをセーブすると、次のゲームでブレークに成功。ハチャノフが第2セットに反撃し、先にブレークして4-2リードを奪うと、1セットオールで最終セットに持ち込んだ。だが、最終セットで唯一のブレークをしたのはプイユのほうだった。

「タフな試合になるのはわかっていた。マルセイユでの決勝では、たった3ポイントの差が勝負を分けた。とても拮抗した試合だったんだ。今回勝つには、いいプレーをしなければいけないことはわかっていた。どちらも少し疲れていたと思う。その中でリベンジできたことをうれしく思う」とプイユは振り返った。

 第3シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)もピエール ユーグ・エルベール(フランス)に6-4 6-7(2) 6-1で競り勝ち、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のマレク・ジャジリ(チュニジア)はロビン・ハッサ(オランダ)を7-6(4) 7-6(3)で下し、快進撃を続けている。ジャジリは水曜日にトップシードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を倒していた。

 そのほかにも2人のシード選手が水曜日に敗退した。第4シードのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)がたった50分でエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)の前に1-6 1-6で敗退し、第6シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)はライジングスター、ステファノス・チチパス(ギリシャ)に6-4 3-6 4-6で敗れた。

 準々決勝ではジャジリがチチパスと対戦し、バウティスタ アグートが21歳のボルナ・チョリッチ(クロアチア)を迎え撃つ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はハチャノフ戦で強烈なフォアのリターンを放つプイユ
DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 27: Lucas Pouille of France returns a shot during his match against Karen Khachanov of Russia on day three of the ATP Dubai Duty Free Tennis Championships at the Dubai Duty Free Stadium on February 28, 2018 in Dubai, United Arab Emirates.

This article is a sponsored article by
''.