ビリー ジーン・キング(アメリカ)は、男子がグランドスラムでベスト・オブ・3セット・マッチを戦うところを見たいという。

 選手時代に賞金・権利における男女平等のために戦ったテニスの偉人、キングは木曜日に、男子と女子は、ATPツアーとWTAツアーがそうであるように、グランドスラム大会で同じ数のセット数をプレーすべきだと言った。

「個人的には、私はもはや男子が5セットマッチをプレーすることを望んでいない。彼らからあまりに多く(のエネルギー)を取り去ってしまうと思う」とキングは、たまたま国際ウイメンズ・デイ(女性の日)と重なったWTAファイナルズのイベントの際にもそう言っていた。

「ときに、6時間もかかることがある。彼らは(疲労困憊し)コートから歩み去ることさえままならないことがあるわ。保証するけど、そういう無理が彼らのキャリアを1年は短くしているはずよ」

 男子は4つのグランドスラム大会でベスト・オブ・5セットマッチをプレーするが、そのほかのツアー大会では3セットをプレーしている。女子も過去には5セットマッチをプレーしていたことがあるが、それは稀な例だった。

「皆が、我々(女性)はそれを望んでいないと言い続けている。私たちには快くやる気構えがあるわ。すべての女子選手は3セットだろうが5セットだろうが快くプレーするわよ」

 プレーの長さと賞金についての論議を、キングは音楽のコンサートと比較しながら言った。

「(音楽家が)1時間プレーしようが、6時間プレーしようが関係ない。彼らは同じ額を受け取るものよ」

 キングは、男子と女子の試合が連続でプレーされ、スコアを積み重ねていく形のチームイベントは、よりよい方式だとも言った。

 シーズン末のWTAファイナルズは、2019年に中国・深圳に移動する。ひとたびそこへ移ったら、賞金は現在の2倍に当たる1400万ドルに増額されることになっており、つまりATPファイナルズ(イギリス・ロンドン)の賞金総額より800万ドル多いということになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真右がビリー ジーン・キング(アメリカ)、1月12日メルボルンで撮影
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 12: Tennis legend Billie Jean King of the USA speaks to media next to tournament directot Craig Tiley during a press conference ahead of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 12, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Michael Dodge/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.