ラファエル・ナダル(スペイン)が、まもなく故障からの復帰を果たす可能性がある。彼は、来月 行われるデビスカップ準々決勝「スペイン対ドイツ戦」に挑むスペイン・チームの代表メンバーに選ばれた。

 ナダルは、左脚の筋肉の故障のためオーストラリアン・オープン準々決勝で棄権を余儀なくされた1月以来、大会でプレーしていない。しかしながら、スペインの監督、セルジ・ブルゲラは、ナダルがプレーするか否かの最終的決断を下す前に、彼の回復がどのように進んでいるかを見るつもりだと言った。
 
「彼はよくなってきており、回復の過程を終えようとしているところだ。いい練習を積んでおり、体調もずっといい」とブルゲラは、火曜日にチーム・メンバーを発表したあとに言った。「対戦までにまだ一週間半ある。我々は彼がより回復するよう願っているよ」。
 
 それでもブルゲラは、「どの選手についても、何に関してまだ保証はしない。木曜日まで、私のチームを決めるつもりはない」と、言い添えることを忘れなかった。
 
 ブルゲラは、ナダルのほかに、ダビド・フェレール、パブロ・カレーニョ ブスタ、ロベルト・バウティスタ アグート、フェリシアーノ・ロペスを選んだ。

 ナダルは、2016年9月以来、デビスカップでプレーしていない。対ドイツの一連の試合は、4月6日から8日まで、バレンシアの闘牛場の中に設置された屋外クレーコート上で行われることになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は2月のアカプルコで、脚の故障のため欠場を決めた際のラファエル・ナダル(スペイン)
ACAPULCO, MEXICO - FEBRUARY 27: Rafael Nadal of Spain speaks during a press conference to announce his retirement from the Telcel Mexican Open 2018 at Mextenis Stadium on February 27, 2018 in Acapulco, Mexico. (Photo by Hector Vivas/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.