ルカ・プイユは、デビスカップ準々決勝「フランス対イタリア」戦で、前年度覇者のフランスを率いることになるだろう。

 世界ランク10位のプイユは、アドリアン・マナリノ、ジェレミー・シャルディらとともに、フランス代表監督のヤニック・ノアによってチーム・メンバーに選出された。また、ダブルス・スペシャリストのピエール ユーグ・エルベールとニコラ・マウもチームに召集されている。

 プイユは昨年、対ベルギーの決勝で勝負を決めるポイントを勝ち取り、フランスにとって10番目のデビスカップ・タイトル獲得に貢献した。

 ジョーウィルフリード・ツォンガ、リシャール・ガスケ、ガエル・モンフィスは、このところ揃って故障に苦しめられ、皆この対イタリア戦でプレーできる状態にはない。膝の故障から回復したガスケは大会に復帰したが、ノアは、ハードコートからクレーコートへの急な移行は、病み上がりの選手にとって負担が大きすぎるだろうと言った。

 フランスは、4月6日から8日までイタリアに出向いて、このベスト・オブ・5マッチの国別対抗戦を戦うことになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はルカ・プイユ(フランス)
DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - MARCH 02: Lucas Pouille of France returns a shot during his semi final match against Filip Krajinovic of Serbia on day five of the ATP Dubai Duty Free Tennis Championships at the Dubai Duty Free Stadium on March 2, 2018 in Dubai, United Arab Emirates (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.