「第6回全国選抜中学校テニス大会」(3月29~31日/団体戦:香川県総合運動公園テニス場)の競技2 日目の最終日、31日(土)は男女団体戦の準々決勝、準決勝、決勝が行われ、決勝のみが8ゲームプロセットマッチ、それ以外は1セットマッチで争われた。

女子決勝は、1シードの川口市立小谷場(埼玉)が5~8シードの大分市立南大分(大分)を2勝1敗で下し、日本一を決めた。

画像: 決勝前の会場 写真◎BBM

決勝前の会場 写真◎BBM

 決勝はD2、S、D1の3面同時進行。先勝したのは川口市立小谷場だった。D2対決で小塚しおり/伊藤菖の1年生ペアが古長果歩/佐伯心結を8-1で圧倒。「先に勝つことでほかのメンバーを安心させようと思っていた」と小塚。初のチーム日本一に王手をかける。

画像: 川口市立小谷場のD2小塚(左)/伊藤

川口市立小谷場のD2小塚(左)/伊藤

 だが、残る2試合に苦戦する。シングルスは市村瑞希が伊賀上瑛穂の豪打に食らいつくも3-8と敗戦。D1対決も石丸愛海香/宮下智華が攻勢をかける杉田千紘/後藤綾伽に開始から3ゲーム連取される立ち上がりとなった。

画像: シングルス対決は大分市立南大分の伊賀上瑛穂(右)に軍配

シングルス対決は大分市立南大分の伊賀上瑛穂(右)に軍配

「最初は動きが固かったので、途中から“笑う”ようにしました」と微笑む石丸に続いて、宮下も「(0-3の場面以降からは)ボレーに出られるようになった」と振り返る。 ふたりから笑顔が戻り、プレーに思いきりが戻るも、相手の勢いを止められないままゲームカウント2-6まで進んだ。

 あと2ゲームを失えば敗戦が決まる状況の中、ふたりは「自分たちからミスしない」ことだけを確認し合い、最後までボールに食らいつく。じっくりと粘って相手のミスを引き出すと、次第に杉田/後藤のプレーが狂い始める。

 石丸と宮下は着実にポイントを積み重ね、2-6から6ゲームを連取して見事な逆転勝利。ベンチコーチに座った伊与田美咲監督を含め、メンバー全員が喜びを爆発させた。

画像: 勝利を決めて抱き合う川口市立小谷場の石丸(左)と宮下

勝利を決めて抱き合う川口市立小谷場の石丸(左)と宮下

「目指してきたところにたどり着けてよかった」と伊与田監督。初出場で1シードのプレッシャーは大きかったが、選手たちの戦いぶりは実に頼もしかった。「やってきたことを信じて勝つことができた」と主将の石丸が語れば、小塚と伊藤の1年生ペアは「今年はチャンスだと思って獲りにきた。優勝できてうれしい」と笑顔を見せた。

画像: 惜しくも準優勝に終わった大分市立南大分

惜しくも準優勝に終わった大分市立南大分

 優勝目前まで迫った大分市立南大分。D1で敗れた主将の杉田は「あと2ゲームの場面からミスが増えて流れが相手に傾いてしまった」と肩を落とす。だが、当初の目標は8強入り。準々決勝を突破してベスト4、さらに決勝へ勝ち進んだことは「チームにとって大きな結果」と顔を上げた。

(編集部◎中野恵太)

写真◎上野弘明

※トップ写真は、センバツ初出場&初優勝を遂げた川口市立小谷場メンバー

This article is a sponsored article by
''.