アメリカ・サウスカロライナ州チャールストンで開催されている「ボルボ・カーズ・オープン」(WTAプレミア/4月2〜8日/賞金総額80万ドル/クレーコート)の終わりは、非常にスケジュール過密なものになるだろう。というのも、土曜日の準決勝が雨のために順延となったのだ。

 大会運営者は、雨のために何度か試合を遅らせたあと、ジメジメした土曜日に中止の決断を下した。

 第5シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)と第8シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)は第1セットを始めたが、4-4となったところで、試合は順延となった。

 日曜日の予定では、第7シードのマディソン・キーズ(アメリカ)と第12シードのキキ・バーテンズ(オランダ)が10時半から試合を始め、そのあとに、ゲルゲス対セバストワの試合の続きが行われる。

 そしてダブルス決勝のあと、準決勝の勝者同士がシーズン最初のWTAクレーコート大会のタイトルを賭け、競い合うことになる。

 4人の準決勝進出者の全員が、チャールストンでの初タイトル目指して戦っている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は昨年のUSオープンでのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 05: Anastasija Sevastova of Latvia looks on against Sloane Stephens of the United States during her Women's Singles Quarterfinal match on Day Nine of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 5, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.