「TEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン」(ATP250/トルコ・イスタンブール/4月30日~5月6日/賞金総額48万6145ユーロ/クレーコート)のシングルス決勝で、ダニエル太郎(エイブル)がマレク・ジャジリ(チュニジア)を7-6(4) 6-4で退け、ATPツアー初優勝を果たした。

 日本人選手がシングルスでツアー優勝を果たしたのは、1992年にソウルの大会を制した松岡修造、通算11勝を挙げている錦織圭(日清食品)、昨年7月にアンタルヤ(ATP250/グラスコート)でタイトルを獲得した杉田祐一(三菱電機)に続き、ダニエルが史上4人目となる。

【PR】DAZN 1ヵ月視聴無料|ダニエル太郎がツアー初優勝! WTAツアー&ATP250ほかライブ中継、見逃し配信など

This article is a sponsored article by
''.