ドイツ・ミュンヘンで開催された「BMWオープン」(ATP250/4月30日~5月6日/賞金総額56万1345ユーロ/クレーコート)のシングルス決勝で、前年度覇者で第1シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が同大会で3度優勝を遂げている第3シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を6-3 6-3で下し、タイトル防衛に成功した。

 世界3位のズベレフは、4本のサービスエースを刻み、手にした6度のブレークチャンスのうち4つをものにして、1時間11分の戦いの末に優勝を決めた。

 ズベレフは、「これはスコアが示す以上に競った戦いだった」と振り返った。

 21歳のズベレフにとって、このタイトルは今季初で、トータルで7つ目のものとなる。この優勝は、来たるマドリッド、ローマ、そしてフレンチ・オープンに向け、彼の自信を膨らませることだろう。

 2007年、2012年、2016年に、ここミュンヘンで優勝した34歳のコールシュライバーは、このクレーコートの大会で6度目となる決勝をプレーした。これは2016年のドイツ・ハレでフロリアン・マイヤー(ドイツ)がズベレフを破って優勝したとき以来のドイツ人同士の決勝だった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
MUNICH, GERMANY - MAY 06: Alexander Zverev of Germany plays a fore hand during his finalmatch against Philipp Kohlschreiber of Germany on day 9 of the BMW Open by FWU at MTTC IPHITOS on May 6, 2018 in Munich, Germany. (Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images for BMW)

【PR】DAZN 1ヵ月視聴無料|ダニエル太郎がツアー初優勝! WTAツアー&ATP250ほかライブ中継、見逃し配信など

This article is a sponsored article by
''.