「ムトゥア・マドリッド・オープン」(ATP1000/スペイン・マドリッド/5月6~13日/賞金総額719万0930ユーロ/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、杉田祐一(三菱電機)はフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に4-6 3-6で敗れた。試合時間は1時間8分。

 今大会に初出場となった29歳の杉田は、今季のATPマスターズ1000の大会での初勝利はならず。8強入りした3月のドバイ(ATP500/ハードコート)から勝ち星のない杉田は、7大会連続初戦敗退となった。

 両者は今回が初対戦。34歳のコールシュライバーは前週のミュンヘン(ATP250/クレーコート)で決勝進出を果たし、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に敗れていた。

 コールシュライバーは2回戦で、第2シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と対戦する。バウティスタ アグート1回戦で、ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)を6-7(3) 6-4 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真は杉田祐一(三菱電機)
MADRID, SPAIN - MAY 08: Yuichi Sugita of Japan reacts after losing in straight sets to Philipp Kohlschreiber of Germany during day four of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 8, 2018 in Madrid, Spain. (Photo by Denis Doyle/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.