「ムトゥア・マドリッド・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/スペイン・マドリッド/5月5~12日/賞金総額668万5828ユーロ/クレーコート)の女子シングルス準決勝が行われ、第10シードのペトラ・クビトバ(チェコ)とキキ・バーテンズ(オランダ)が決勝に勝ち進んだ。

 クビトバが第6シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を7-6(4) 6-3で、バーテンズは第7シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)を6-2 6-2で下しての勝ち上がり。

 前週のプラハ(WTAインターナショナル/クレーコート)で今季3勝目を挙げたクビトバは、マッチ10連勝を継続中。マドリッドでは2011年と15年の大会を制しており、3年ぶり3度目の優勝を目指している。

 ノーシードから勝ち上がった26歳のバーテンズは、4月にチャールストン(WTAプレミアクレーコート)でキャリア最大のタイトルを獲得。3回戦で第2シードの第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、準々決勝では元世界ナンバーワンのマリア・シャラポワ(ロシア)を倒し、WTA最高格付けのプレミア・マンダトリーの大会で初の決勝進出を果たした。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、クビトバの1勝0敗。初対戦だった2015年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)の1回戦では、クビトバが6-1 6-0で勝っている。

※写真はキキ・バーテンズ(オランダ)
MADRID, SPAIN - MAY 11: Kiki Bertens of the Netherlands celebrates match point against Caroline Garcia of France in their semi final match during day seven of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 11, 2018 in Madrid, Spain. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.