イタリア・ローマで開催されている「BNLイタリア国際」(ATP1000/5月13~20日/賞金総額544万4985ユーロ/クレーコート)の男子シングルス準決勝で、ラファエル・ナダル(スペイン)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)がライバル関係を復興させることになった。

 フォロ・イタリコで記録的7回の優勝経験を持つナダルは、地元のスター、ファビオ・フォニーニ(イタリア)を4-6 6-1 6-2で倒した。優勝歴4回のジョコビッチは、日本の錦織圭(日清食品)に対して2-6 6-1 6-3でやはり挽回勝ちした。

 ナダルとジョコビッチはこれまでに50回対戦したが、彼らの最後の顔合わせは1年以上前もマドリッド・オープン準決勝で、そのときにはナダルが勝っている。

「ここ6ヵ月、僕はあまり多くの試合をプレーしていない」とジョコビッチは言った。彼は執拗な右肘の故障から復帰し、調子を取り戻そうと努めているところだ。

「僕に必要なのは、ただよく寝て、持てるすべてを出し尽くすことだろう」

 ジョコビッチはナダルに対する通産成績で26勝24敗とリードしているが、クレーコートではナダルが13勝7敗で優位に立つ。

 ナダルは、もしここローマで優勝すれば、ロジャー・フェデラー(スイス)から世界1位の座を取り戻すことになる。フェラーは、21度目のグランドスラム制覇を目指して臨むウインブルドンの準備をするため、今年もクレーシーズンをスキップした。

 ジョコビッチは今や、錦織に対し12連勝している。錦織は第3セットの出だしに簡単なオーバーヘッドをネットにかけるなどのミスを犯し、自らの足も引っ張ったが、最後まで長いラリーで食い下がった。

「素晴らしい試合だった」とジョコビッチは言った。「最後のポイントまで、拮抗した競り合いだった」。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
ROME, ITALY - MAY 18: Novak Djokovic of Serbia celebrates defeating Kei Nishikori of Japan in the Quarter Finals during day six of the Internazionali BNL d'Italia 2018 tennis at Foro Italico on May 18, 2018 in Rome, Italy. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.