「トルコ航空オープン・アンタルヤ」(トルコ・アンタルヤ/6月24~30日/賞金総額48万6145ユーロ/グラスコート)の予選決勝で、第1シードのダニエル太郎(エイブル)がロベルト・オルテガ オルメド(スペイン)を6-3 6-1で破り、本戦入りを決めた。試合時間は1時間5分。

 今大会に初めて出場したダニエルは、ウインブルドン以外のグラスコート大会に初参戦。ジュニア時代も含め、これまで同サーフェスの公式戦で単複ともに勝ち星を挙げたことがなかった。

 ダニエルは1回戦で、ギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)と対戦する。

 そのほかの日本勢は、ディフェンディング・チャンピオンの杉田祐一(三菱電機)がシングルスに第7シードで出場しており、初戦の対戦相手はギド・ペラ(アルゼンチン)となっている。

 予選に第6シードで出場していた西岡良仁(ミキハウス)は、1回戦でオルテガ オルメドに2-6 6-4 2-6で敗れていた。

 トルコ航空オープン・アンタルヤはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

日本人選手予選結果

予選決勝

○1ダニエル太郎(エイブル)[1] 6-3 6-1 ●3ロベルト・オルテガ オルメド(スペイン)

予選1回戦

○1ダニエル太郎(エイブル)[1] 6-3 3-6 6-3 ●2マルセル・イルハン(トルコ)

●4西岡良仁(ミキハウス)[6] 2-6 6-4 2-6 ○3ロベルト・オルテガ オルメド(スペイン)

上位出場選手シード順位(シングルス)

アドリアン・マナリノ(フランス)[1]
ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)[2]
フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)[3]
ガエル・モンフィス(フランス)[4]

※写真はオーストラリアン・オープンでのダニエル太郎(エイブル)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.