「ネイチャーバレー国際」(WTAプレミア/イギリス・イーストボーン/6月24~30日/賞金総額85万2564ドル/グラスコート)の女子ダブルス1回戦で、オクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)はナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/エカテリーナ・マカロワ(ロシア)に2-6 6-7(5)で敗れた。試合時間は1時間15分。

 二宮とカラシニコワは、今大会が2度目のダブルスに出場。初めてペアを組んだ前週のマヨルカ(WTAインターナショナル/グラスコート)では、初戦敗退に終わっていた。

 2週間前に終了したフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)に穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)とのコンビで出場した二宮は、グランドスラム自己最高の準優勝を果たしていた。

 キッシャノック/マカロワは準々決勝で、第1シードのアンドレア・セスティニ フラバチコバ/バーボラ・ストリコバ(ともにチェコ)とエリース・メルテンス(ベルギー)/デミ・シヒュース(オランダ)の勝者と対戦する。

※写真は昨年のウインブルドンでの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.