24歳のエジプト人プレーヤーが、テニスの八百長に関わったことで、テニス界からの永久追放と1万5000ドルの罰金を言い渡された。

 テニスの不正を調査する団体、テニス・インテグリティ・ユニット(TIU)は、カリム・ホサン(エジプト)が賭けを容易にするために内部情報を提供していたこと、2013年から2017年にITF(国際テニス連盟)の大会における不正なアプローチを報告しなかったことなどを含む「16」の不正の罪を有罪とした。

 ホサンは現在、世界ランキング1000位以下で、これまでの最高ランキングは337位だった。彼は今、認定を受けたテニスのイベントでプレーすることも参加、参席することも禁じられている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はイメージ(Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.