株式会社トアルソンは7月3日、都内で来シーズンに向けた展示会を開催し、その中でラケット「S-MACH(エスマッハ)」TOURシリーズに、新たなモデル『S-MACH PRO 97(エスマッハ プロ 97)』を加えると発表した。発売開始は10月1日。

 マットブラックのフレームにメタリックブルーの文字をのせた洗練されたボディは、まるでF1マシンのようだ。『S-MACH PRO 97』は、従来のTOURシリーズで採用されてきた「Flex Counter Parts」の内部に、独自開発の新素材「Premium Carbon 30T」を搭載。これにより強烈なボールを打ち返す際に起きるフレーム上部のブレを軽減し、コントロール性能を高めた。また、TOURシリーズに比べてシャフト部分を2.5mm削って21.0mmに設計することで、空気抵抗を最小限に抑えている。その結果、自動的にスイングスピードが上がり、ボールにさらなるパワーを加える。

 TOURシリーズの『S-MACH TOUR 300』『S-MACH TOUR 280』は〈スタンダードシリーズ〉として位置づけられ、今回発表された『S-MACH PRO 97』は進化系S-MACHとして、中・上級者からトーナメントプレーヤー向けの〈プロシリーズ〉となる。

S-MACH PRO 97(エスマッハ プロ 97)

品番◎グリップ2(1DR81502)、グリップ3(1DR81503)
価格◎3万5000円+税
素材◎高弾性カーボン、プレミアムカーボン30T
グリップサイズ◎2、3
フェース面積◎97平方インチ
長さ◎27インチ
厚み◎最大24mm-最小21mm
ストリングパターン◎縦16本×横19本
ウエイト◎310g±5g
バランス◎315mm±5mm

主な3つのポイント

F.C.P Flex Counter Parts +α(F.C.P フレックス・カウンター・パーツ+α)

画像1: 主な3つのポイント

 従来のFlex Counter Partsの内部に、新たにトアルソン独自開発の新素材「Premium Carbon 30T」を搭載。この新素材を搭載することで、強烈なボールを打ち返す際に起きるフレーム上部のブレを軽減し、コントロール性能をさらに高め、プレーヤーがイメージするボールを打ちやすくする。

HEX Torque Frame(HEX トルク・フレーム)

画像2: 主な3つのポイント
画像3: 主な3つのポイント

 TOURシリーズに比べて、シャフト部分を2.5mm削り、21.0mmに設計。空気抵抗を最小限に抑えた設計にすることで、自動的にスイングスピードが上がり、ボールにさらなるパワーを与えることができる。フレームシャフトの触り心地もよく、ラケット操作がスムーズになる。

Super Elastic Rubber(スーパー・エラスティック・ラバー)

画像4: 主な3つのポイント

 オフセンターに当たったときの不快な振動は誰もが経験したことがあるだろう。PROシリーズでは、「Super Elastic Rubber」を搭載して、不快な振動を吸収し快適なプレーを維持する。

画像5: 主な3つのポイント

This article is a sponsored article by
''.